パラグアイ戦(Uー23) 【 重要なのは効いてるかどうか。 】
試合 :トゥーロン国際
開催日:2016年5月21日
結果 :Uー23パラグアイ代表勝利
スコア:「1-2」
得点者:バエス 浅野拓磨 ディアス

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW        浅野拓磨  富樫敬真
MF   矢島慎也            野津田岳人
MF        原川力   喜田拓也
DF   亀川諒史 岩波拓也  植田直通 ファンウェルメスケルケン際
GK           櫛引政敏

FW        浅野拓磨  オナイウ阿道
MF  野津田岳人            前田直輝
MF        矢島慎也  喜田拓也
DF   三丸拡  三浦弦太  植田直通 亀川諒史
GK           櫛引政敏


プレスをかけて、相手がバックパスや苦し紛れの横パスを出した時にボールを奪って、というのがパラグアイの狙いだったと思うが、それにハマってしまったなと。そうさせないためには、ビルドアップのところで相手のプレスをかわしきるか、または、早いタイミングでFWやSHにボールを入れて起点を作り、全体的に相手を下げさせるか間延びさせるか、という事になると思うのだが、相手のプレスの強さや巧さを考えた場合には、やはり後者の方をやろうとするのが、よりベターだったのではないだろうか。

ただ、矢島が起点となれていたのは前半の最初の数分だけだったし、惜しいシュートは何回かあったが、ほぼ野津田は起点となれていなかったし、やろうとはしていたが、浅野と富樫は上手く起点にはなれていなかったから、どちらにせよ後半の途中までは厳しかった。しかし、後半の途中から富樫との交代でオナイウ阿道が入ると、そこで起点が作れるようになり、浅野の得点や野津田の惜しいシュートを生んだ。そこは優勝した、AFC、U-23選手権の試合でも同じだったので、よく考えるべき部分かなと。

今回は、久保の怪我によってオナイウ阿道は追加招集だったが、OAも含めて同じような役割を任せられる選手を招集しない、または、できないのであれば、やはりオナイウ阿道は最終メンバーに残すべきだと思う。また、もし鎌田などに起点としての役割は任せられたとしても、セットプレイの時の攻守における高さ、空中戦の強さ、という部分を考えた場合には、やはりオナイウ阿道は必要なのではないだろうか。得点には期待できないし、お世辞にも上手い選手だとは言えないが、それでも効いてる事は確か。

という事で、試合結果としては、パラグアイはU-20世代と言えるようなメンバーだったらしいが、結局はパラグアイの個の力の高さ、試合巧者ぶりによって、直接FKから2点目を決められてしまい、スコア「1-2」、U-23日本代表の敗戦となったが、良いテストマッチの1つにはなったと思う。岩波の負傷は痛恨だが、三浦のパフォーマンスは悪くなかったので、それが確かめられた事も大きなプラス材料になったかなと。ただ、SBに関しては、やはり現状は厳しいので、そこが本当に心配ではある。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/05/22 11:45】 | リオデジャネイロ五輪 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<香川真司と本田圭佑。ドイツ杯決勝とイタリア杯決勝。ドルトムントとミラン。 | ホーム | 今季のトゥヘルのボルシア・ドルトムントを総括。>>
コメント
相手がU20ということを考えると、私は将来が不安になりました。
特に身体能力の高さが必要だと感じました。
筋力の差が外見から明らかで、後ろから当たられてしまうとボールをキープ出来ていません。
アジリティで交わすことを目標にして今の基準で育成を続けるのか、否か、根本から変革を試みる必要があると私は感じました。
管理者様はどう思われますか?
今のようにガリガリの選手ばかりで良いのでしょうか。
【2016/05/24 18:23】 URL | パイロット #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3506-10018e27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |