ポルトガル戦(Uー23) 【 OA枠が足りないぐらいの状況に陥っている。 】
試合 :トゥーロン国際
開催日:2016年5月23日
結果 :Uー23ポルトガル代表勝利
スコア:「0-1」
得点者:オルタ

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW        浅野拓磨  オナイウ阿道
MF   矢島慎也            南野拓実
MF        井手口陽介 大島僚太
DF   三丸拡  植田直通  三浦弦太 ファンウェルメスケルケン際
GK           中村航輔

FW           富樫敬真
MF   南野拓実    鎌田大地    野津田岳人
MF        井手口陽介 大島僚太
DF   三丸拡  植田直通  三浦弦太 ファンウェルメスケルケン際
GK           中村航輔


パラグアイ戦より内容的には向上していたと思う。野津田が決定機で決めていれば、同点、または、逆転、という結果にもできたのではないだろうか。ただ、やはりパラグアイ戦でもそうだったと思うが、少ないチャンスでも決める個の力、それをアジアから先でも発揮しないと厳しくて、更には、完全に崩しきれる、という事はまず無いから、それでも得点を奪える力が無いと厳しい。今の守備力を継続させ、更にそれを高めつつ、それでも得点を奪うには、という事を研ぎ澄ましていくしかない。

しかし、内容的には向上していた、野津田が決定機で決めていれば、とは言っても、まだ戦い方はきちんとした良い形になっていなくて、それはやはり、奪ってカウンターからシュートまで、という事ができてないから。その原因の1つは、まだ個としても組織としても守備力が足りてなくて、ボールを奪う力が足りてなくて、特にMFがそういう状態にある。そして2つには、押し込んだ状態でもそうだったが、カウンターからも最後のところのクオリティが足りなくて、そこを高める必要がある。

久保、中島、遠藤航、原川、室屋、という、AFC、Uー23選手権で優勝した時の主軸となったメンバーが出場してなかったので、明らかにそのあたりの力が落ちている。そういう意味では、久保と遠藤航と原川は大丈夫だと思うが、やはり最低限、中島と室屋の代わりとなれる選手を加えないと、AFC、Uー23選手権で優勝した時よりも、低いレベルで本大会を戦う事になってしまう可能性が高い。本大会では、Uー23選手権で優勝した時よりも、更にレベルを上げなければならないのに。

海外でそれなりに結果を残している南野だが、Uー23選手権でもそうだったように、まだこのチームでは中島よりも下のパフォーマンスしか出せてない。怪我人が続出しているSBは、Uー23選手権から不安材料だった左SBに加えて、右SBも不安材料になってしまっている。今の現状は、OA枠を使うか使わないか、という状況ではなく、OA枠が3枠では足りない、という状況になってしまっている。FWにもSHにも欲しいのに、DFは植田以外全員OAにする必要があるかもしれない。

しかしそのためには、オナイウ阿道と南野には、もっとパフォーマンスを上げてもらわなければならない。三浦が良いパフォーマンスを見せているので、もしかしたらCBにはOAを使わなくても済むかもしれないが、それでもSBに2枠使ったら残りは1枠しかない。オナイウ阿道はパラグアイ戦に引き続き、起点という部分では効いていたが、それでも力不足の感は否めない。おそらく残りは2試合になると思うが、SBとSHとFWがもっと個の力を示さないと、五輪本大会は不安でしかない。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/05/24 11:45】 | リオデジャネイロ五輪 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<短評。Uー23日本代表の選手たち。トゥ-ロン国際を2試合終えた時点での。 | ホーム | 香川真司と本田圭佑。ドイツ杯決勝とイタリア杯決勝。ドルトムントとミラン。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3508-d5fe9a37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |