キリンカップ2016へ向けてのメンバーについて。
GK 西川周作 東口順昭 川島永嗣
DF 吉田麻也 森重真人 昌子源 丸山祐市
DF 長友佑都 槙野智章 酒井宏樹 酒井高徳
MF 長谷部誠 柏木陽介 遠藤航 大島僚太
MF 香川真司 清武弘嗣 小林祐希
FW 本田圭佑 原口元気 宇佐美貴史 小林悠
FW 岡崎慎司 金崎夢生 浅野拓磨

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
全体的には、海外組と国内組、ベテランと若手、そのバランスを意識してるのかなと。そして、ポジション別では、まずはCBだが、吉田プラス、FC東京の森重と丸山、鹿島アントラーズの昌子と植田、という感じで考えているのかなと。それから、もう1つには、左CBで満足できるパフォーマンスを示してくれる選手を探しているのかなと。どちらかと言えば、後者のプライオリティが高い気がするが、個々の選手の選出理由よりも、CBに求めている戦術的な要素やコンセプトのようなものを知りたい。

SBは、長友と槙野が左、酒井宏樹と酒井高徳が右、という事になるが、パフォーマンスに差はあれ、その構想としては明確なのかなと。高さは無いが、運動量のある、地上戦が主の長友と酒井高徳。そして、高さや空中戦に期待している槙野と酒井宏樹。ただ、長友は左右可能なので、個々のパフォーマンスの差を考えると、現状は、長友+槙野か酒井宏樹か酒井高徳か、という事になるかなと。また、右で高さや守備力を望むのであれば、酒井宏樹よりも遠藤航や塩谷などをフィットさせた方が良いかなと。

それから、SBについては、長友をSHやウイング、または、ボランチで起用した布陣というのも想定した方が良いと思う。守備については、長友をどう使うのか、という事が1つの大きな鍵で、どこのポジションの選手を封じるべきなのか、どこのゾーンの守備力を高くするべきなのか、という事を、長友によって調節したい。ハリルホジッチは、主に攻撃的な意味合いで、原口を調節役にしているが、個人的には、主に守備的な意味合いで、長友を調節役にした方が、より先に向けては現実的になるかなと。

ボランチについては、長谷部、柏木、遠藤航、大島、という事になるが、やはり問題は守備力だと思う。ポゼッションの高い状態、または、相手の守備の圧力が弱い状態ならば、日本の多くのボランチには展開力がある。柴崎にしても山口にしてもそう。しかし、守勢が主になった場合や、ポゼッションの高い状態でも相手のカウンターを強く警戒しなければならない場合には、その状況でも高い展開力を発揮できる、という事が重要で、そのためには、まずは、個の守備力、ボール奪取力が必要となってくる。

そして、トップ下は、香川、清武、小林祐希、という事になると思うが、小林祐希は育成枠的な感じで、香川と清武は同時起用する事も考えているようなので、また、原口をトップ下で起用したり、1トップとトップ下ではなく2トップにしたり、本田をトップ下や1トップとして、という考えもあると思うから、意外と流動的なのかなと。ただ、やはり一番の鍵を握っているのは香川で、トップ下としての香川のパフォーマンスの良し悪しで、前述した香川以外の選手たちのポジションや役割が変わると思う。

ウイングまたはSHについては、本田、小林悠、宇佐美、原口、という事になると思うが、やはり現状としては、本田、宇佐美、原口、という3人は不動なのかなと。そして、もう1人の候補としては、小林悠、南野、乾、宮市、などが考えられているのかなと。ただ、中央のポジションでも起用できる、あるいは、ハリルホジッチがそうだと考えている選手たちが多いので、ここも、ある程度は流動性があるかなと。また、3トップ的なFWだと考えているようなのだが、そこにも変化の可能性はあると思う。

FWあるいはCFについては、岡崎、金崎、浅野、という事になると思うが、やはり気になるのはハーフナーが選ばれなかった事で、プレイスタイルが他の主力選手たちとフィットしないから、日本は高さを活かすような攻撃をしてこなかったから、という事を、その理由として挙げていたが、それが、攻撃のバリエーションの少なさ、として弱点にもなっているので、もう一度、再考してみてもらいたい。レスターでも、ウジョアの高さというのが、良いオプションや攻撃のバリエーションになっていたので。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/05/27 11:45】 | ハリルジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<イングランド戦(Uー23) 【 残された時間で選手たちと手倉森監督がやるべき事とは? 】 | ホーム | ギニア戦(Uー23) 【 攻撃はボールを奪う守備からスタートする。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3511-c7ab4986
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |