なぜ日本のサッカーは主に繋ぎの足元へのパスのスピードが遅いのか?
なぜ日本のサッカーはパス・スピードが遅いのか? 但し、パス・スピードを考えるにおいては、主にスルーパスなども含めたラストパスと、主に繋ぎの足元へのパスと、この2つのパスというのは分けて考える必要があり、スルーパスなども含めたラストパスというのは、速ければ速い方が良い、というわけではない。そこで問われるのは、受け手側に合わせたパスであり、そのパスの速さというのは受け手側に合わせて調節されないといけない。確かに、パス・スピードのあるスルーパスなども含めたラストパスは、相手にカットされ難くはなるが、それが受け手側に合わなければ意味が無い。

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
しかし、主に繋ぎの足元へのパスというのは、速ければ速い方が良い。足元へと出すパスなので、合う、合わない、という要素は無い。主に繋ぎの足元へのパスというのは、速ければ速いほど、インターセプトされる可能性が下がるし、受け手が寄せられる前にパスを受けられる可能性が上がる。つまりは、相手にボールを奪われる可能性が低くなる。数本のパスでサイドを変える、あるいは、楔のパス、というのは、やはり速い方が良い。むしろ、速くないと、その効果は薄い。従って、正しくは、なぜ日本のサッカーは主に繋ぎの足元へのパスのスピードが遅いのか? という事になると思う。

そして、その原因は単純に、技術力不足、であると思う。当然、受け手側の要素として、緩いパスの方が受けやすい、コントロールしやすい、という事もあるし、出し手側の要素としても、緩いパスであった方が精度がブレ難い、という事がある。日本の選手の技術力は世界の中でも高い方なのでは? と思う人もいるかもしれないが、それは、相手からのプレッシャー(フィジカル・コンタクトの強さや寄せの速さなど)が低い状況だったり、きちんとボールを収められた後ならば、という事に限定されている場合が多い。しかし、そうでない状況での日本の選手の技術力というのは、まだ低い。

そして、それを改善するためには、プレッシャー(フィジカル・コンタクトの強さや寄せの速さなど)が高い試合を、国内の試合でも育成年代の試合でもやる事。そうすれば、そういう状況での技術力が向上し、主に繋ぎの足元へのパスのスピードも上がると思う。ただ、日本のサッカーの場合には、もう少し、足元へ足元へというパスを減らさなければならない、止まった状態ではなく動きながら、なるべく前へ前へと動き(仕掛け)ながら、という事でのパスの繋ぎも増やさなければならないと思う。もしかしたら、主に繋ぎの足元へのパスのスピードよりも、そちらの方が重要かもしれない。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/05/29 11:45】 | ショートコラム | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<個人的に選ぶ手倉森ジャパンの最終メンバーとOA候補。 | ホーム | イングランド戦(Uー23) 【 残された時間で選手たちと手倉森監督がやるべき事とは? 】>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2016/06/04 19:41】 | #[ 編集] | page top↑
まさしくおっしゃる通りだと思います。
日本サッカーが抱えている問題点だと感じます。
具体的な策は、ハリルの提案するようにJリーグにおけるゾーンディフェンスの実現とそのためのファール基準の改正だと私は考えます。
【2016/05/29 15:28】 URL | パイロット #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3513-1ca0536f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |