ブルガリア戦 【 爆発した攻撃力。但し、いくつか気になった事もあった。 】
試合 :キリンカップ
開催日:2016年6月3日
結果 :日本代表勝利
スコア:「7-2」
得点者:岡崎慎司 香川真司×2 吉田麻也×2 宇佐美貴史 アレクサンドロフ チョチェフ 浅野拓磨(PK)

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          岡崎慎司
MF  清武弘嗣    香川真司    小林悠
MF       柏木陽介  長谷部誠
DF  長友佑都 森重真人  吉田麻也 酒井宏樹
GK          川島永嗣

FW          金崎夢生
MF 宇佐美貴史    原口元気    浅野拓磨
MF       柏木陽介  遠藤航
DF  長友佑都 森重真人  昌子源  酒井宏樹
GK          川島永嗣


日本がブルガリアに7得点を奪って勝つという、かなりの予想外な試合となり、得点を奪う形も良かったから、そこは本心から素直に喜んでいるのだが、やはり、日本とブルガリアにはモチベーション(本気度)に大きな差があったかな、という感じはあった。もちろん、それでも7得点を奪った攻撃というのは評価に値すると思うし、五輪代表の選手たちに刺激を与えるような、その手本となるような、個の力の高さ、決定力の高さ、というのを示せていたと思う。但し、いくつか気になった事もあった。

1つには、香川が負傷で前半44分に交代となった、という事で、それほど大きな負傷ではないと思うが、やはり、キリンカップで良いパフォーマンスを見せたとしても、アジア最終予選は怪我やフィジカル・コンディションの不良で・・・、という事になったら意味が無いから、そこは本当に気を付けてもらいたい。特に、岡崎、香川、本田、長谷部、長友、という選手たちについては、もはや代表での地位は確立されているし、個の力の程度もわかっているから、先を考えながらの今を判断して欲しい。

2つには、小林悠は香川へのアシスト、浅野は自らがPKを獲得して得点、という事ではあったが、あまり右SHの2人が活かされていなかった、という部分で、そのかわりに右SBの酒井宏樹が良いパフォーマンスを見せていたが、やはり、右SHに小林悠や浅野ようなタイプの選手を起用するのであれば、左SHにはボランチやSB的な選手を起用した方が良いと思う。そうしないと、右SHが守備の役割を多くしなければならず、小林悠は守備をかなり頑張っていたが、それだと特性が活かされない。

3つには、そのあたりから全体的に日本のパフォーマンスが落ちたから、ブルガリアのパフォーマンスが上がったから、という事もあったが、前の2人が金崎と原口になってから攻撃の機能性が落ちた、という事で、やはりそこでのパフォーマンスに関しては、岡崎、香川、本田、清武、という選手たちと他では、まだ大きな差があるかなと。また、柏木についても、途中からは体力的に厳しくなって、プレスの威力を落とす、中盤の守備力を落とす、その一因にもなっていたので、やはり厳しい気がする。

4つには、長谷部との交代で入った遠藤航の動きが悪かった、という事で、フィジカル・コンディションが悪いような感じだった。遠藤航については、アジア最終予選の前にリオ五輪があるし、十中八九、その五輪メンバーには選ばれると思うから、もし疲労でフィジカル・コンディションが悪いようであれば、ここで無理にプレイさせないでもらいたい。そうでなくても、リオ五輪のメンバー候補には怪我人が続出しており、遠藤航までそうなったら、もうどうにもならない。正しい判断が必要だと思う。

2失点した事に関しては、スコアが「6-0」という状況になったので、そこは仕方なかったかなと。やはり人間なので、それだけ大差で勝っていたら、どうしても気が緩んでしまう。そうなったら、コンパクト性も失ってしまうし、判断やプレイのミスも出てしまう。従って、そこに関しては、今回は特に問題ではなかったと思う。しかし、その気持ちを引きずって次の試合には入らないように、アジア最終予選には入らないように、という事には注意してもらいたい。それがこういう試合の後には怖い。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/06/04 11:45】 | ハリルジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<ブルガリア戦選手評価 【 岡崎慎司。香川真司。清武弘嗣。小林悠。柏木陽介。長谷部誠。 】 | ホーム | アメリカ戦(女子) 【 勝てそうでも勝てない、を、どうやって勝ちにするのか。 】>>
コメント
いつも興味深く拝見させていただいております。
2列目の守備に強いサイドの選手が日本にも必要だとおっしゃっていますが、
現在その役割を果たすことができる選手は現状長友以外にいるのでしょうか、、
管理人さんのご意見いただきたいです。
【2016/06/05 23:32】 URL | koan #-[ 編集] | page top↑
いつも興味深く拝読しています。
日本はもともと、選手間の距離が短くショートパスを多用できる(プレッシャーが少ない)ときは流動的で良い試合ができていたと思います。
しかし強豪国はすぐに個としても対応してきて結局は雑なパスや日本の弱点であるミドルやロングのパスを途中カットされ~と今まで何度となく同じパターンを見てきました。
この試合は新しい選手にとっては自信に繋がったと思いますがW杯経験者やハリル監督は理解できていることを祈りたいです。それともW杯最終予選限定で考えているのでしょうか。
【2016/06/05 13:47】 URL | k #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3519-168dd246
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |