ブルガリア戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。森重真人。吉田麻也。川島永嗣。宇佐美貴史。金崎夢生。原口元気。浅野拓磨。遠藤航。 】
試合 :キリンカップ
開催日:2016年6月3日
結果 :日本代表勝利
スコア:「7-2」
得点者:岡崎慎司 香川真司×2 吉田麻也×2 宇佐美貴史 アレクサンドロフ チョチェフ 浅野拓磨(PK)

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          岡崎慎司
MF  清武弘嗣    香川真司    小林悠
MF       柏木陽介  長谷部誠
DF  長友佑都 森重真人  吉田麻也 酒井宏樹
GK          川島永嗣

FW          金崎夢生
MF 宇佐美貴史    原口元気    浅野拓磨
MF       柏木陽介  遠藤航
DF  長友佑都 森重真人  昌子源  酒井宏樹
GK          川島永嗣


長友佑都
酒井宏樹

攻守のバランスを考えてプレイした方が長友のパフォーマンスは安定する。香川へのクロスは見事だった。酒井宏樹については、この試合のようにガンガン攻撃に行ければ、とは思うが、やはり強豪との試合ではそういうわけにはいかないし、やはり、この試合のように右SHがCF的だったりすると、多くの場合で右サイドの守備が弱くなるかなと。どうしても大きなスペースが空いてしまうので。ハッキリ言って、心配なのは攻撃よりも守備なので、早くそこが明確に確かめられる試合をしたい。


森重真人
吉田麻也
川島永嗣

「6-0」とリードした後のような状態になった時に、CBだけで守りきれるような個の力があれば良いのだが、それはなかなか難しいかなと。今回の場合は、打ち合いをしたわけではなく、「6-0」とリードしたので全体的に緩んだ、という感じだったが、やはり打ち合いをしてしまわない事が、日本代表のようなレベルのチームには必要であると思う。GK川島については、PKを止めるなど、素晴らしいセーブがあったし、能力は落ちてない感じだったが、更に成長できるかどうかだと思う。


宇佐美貴史

この試合のように、緊張感やプレッシャーがあまり無いなかでは、とても良いプレイができる、という感じだが、期待を強く感じたり、緊張感や強度の高い試合になると、まだ力が充分に発揮できないのかなと思う。そういうものに耐えられるフィジカルの強さと、それに伴うメンタルの強さ、という部分だと思う。それから、守備についても、良いプレイはあったが、以前にも書いたように、後ろからのスライディングはファールになる危険が高いし、恒常的な寄せ、という部分では、まだかなと。


金崎夢生

1つ、得点につながった清武へのパス、という良いプレイはあったが、あまりボールを収められていなかったし、少しパフォーマンスが落ちているのかな、という感じだった。もちろん、全体的に間延びしていたので難しかった、という事はあったが、それならそれでどうするのか、という部分も重要だと思う。大差でリードしている、という展開にならなくても、疲労が蓄積して全体が間延びする、という展開になる事はあるから、そういう状況でも得点を奪うには、という事も考えてもらいたい。


原口元気

どのような指示を受けてトップ下の位置に入ったのか、という事が気になる。2トップのようにプレイしろだったのか、少し下がった位置からドリブルでボールを前に運べだったのか、攻撃のタスクが多かったのか、守備のタスクが多かったのか。ハリルホジッチは、左右のSH(ウイング)、トップ下、ボランチ、そして、右SBと、様々なポジションで原口を使っているが、おそらく期待しているプレイは同じだと思うので、それをいかなる状況でも発揮できるように、という事が重要だと思う。


浅野拓磨
遠藤航

浅野については、右SHだったが、あまり守備を問われない状況で入ったから、それが上手く1つの結果につながったかなと思う。ただ、何度も書いてきたように、システムの中で活かされていたのかといえば、やはりそうではなかったと思う。特に右SHという事になれば、攻撃面だけで評価するわけにはいかないので。それから、遠藤航については、全体的に間延びしていたので難しかった、という事はあったが、やや動きや判断に精彩を欠いた、という感じで、疲労があるなら休むべきかなと。


* 昌子源については出場時間が短かったので評価省略。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/06/06 11:45】 | ハリルジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<アメリカ戦(女子) 【 まだ何も変わっていない。監督と数人の選手が新しくなっただけ。 】 | ホーム | ブルガリア戦選手評価 【 岡崎慎司。香川真司。清武弘嗣。小林悠。柏木陽介。長谷部誠。 】>>
コメント
スポンサーのための興業的な試合も必要かもしれませんが、韓国やオーストラリアが中立地やアウェイで強豪相手に強化試合する中、ホームでなかなか本気を出してくれない招待客相手の試合に大勝しても喜びより不安しか感じません。"心配なのは攻撃よりも守備なので、早くそこが明確に確かめられる試合をしたい"ボスニアはベストメンバーではないらしいですが、日本の現状を把握出来るくらいの強度で戦って欲しいです。
【2016/06/06 13:19】 URL | #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3521-2f8771f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |