ボスニア・ヘルツェゴビナ戦 【 アジアの先は近くなったようでまだ遠い。 】
試合 :キリンカップ
開催日:2016年6月7日
結果 :ボスニア ヘルツェゴビナ代表勝利
スコア:「1-2」
得点者:清武弘嗣 ジュリッチ×2

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          岡崎慎司
MF 宇佐美貴史    清武弘嗣    浅野拓磨
MF       柏木陽介  長谷部誠
DF  長友佑都 森重真人  吉田麻也 酒井高徳
GK          西川周作

相手の右のSBとSHの守備対応があまり上手くなかった事もあり、左SHの宇佐美がよく起点となれていて、前半は左サイドからの攻撃が機能。そして、前半28分に先制点を奪ったが、もう1点か2点ぐらいは取れていたかなと。ただ、守備はというと、長友の攻撃参加が多くなり、やはり宇佐美と柏木では守備力に難があるので、諸刃の剣的に、左サイドが危なかった。それでも、ギリギリのところで守れていたので、左サイドを攻められる形からの失点というのは無かったのだが、前半29分に失点。

縦のロングフィード、そのセカンドボールを拾われる、また縦にパス、それをヘディングシュートされて、GK西川が弾いたボールを押し込まれる、という形だったが、やはり、高さやフィジカルを活かされて、という攻撃をされると、日本の守備は苦しくなるなと。ただ、199センチでフィジカルも強いジュリッチのような選手を相手にした場合、最終ラインのところの高さやフィジカルで対抗する、というのはなかなか難しいので、やはり、セカンドボールとラインコントロールで守るしかないと思う。

FW          岡崎慎司
MF 宇佐美貴史    清武弘嗣    浅野拓磨
MF       遠藤航   長谷部誠
DF  長友佑都 森重真人  吉田麻也 酒井高徳
GK          西川周作

という事で、後半スタートから、日本は柏木に代えて遠藤航を投入。左サイド、それから、中盤の守備力やボール奪取力を上げたい、という意図だったと思うが、それは成功したと思う。柏木と比べて、遠藤航がボールを奪う率は高かった。しかし、浅野の決定力が低かったので、攻撃を右サイドからに変えて、フィニッシュを宇佐美に、という事にしたかったのか、単純に、もっと右サイドからや浅野を使った攻撃を増やしたかったのか、後半の日本の攻撃は右サイドからが多くなり、やや機能性が落ちた。

やはり、起点やチャンスメイクという部分では、浅野よりも宇佐美の方が上であるし、それから、相手の左のSBやSHの守備対応というのは、右のSBやSHの守備対応よりも上手かったので、それで攻撃の機能性が落ちてしまったと思う。また、右サイドから、という事になると、決定力は欠いたが、浅野はしっかりと守備をしながらも、フィニッシュにも絡んでいたのだが、宇佐美がボランチやSB的な守備をしながらロングランニングでゴール前へ、というのは難しいと思うので、という事もあった。

FW          金崎夢生
MF  小林祐希    清武弘嗣    浅野拓磨
MF       遠藤航   長谷部誠
DF  槙野智章 森重真人  吉田麻也 酒井高徳
GK          西川周作

そして、それで攻め切れないでいると、後半21分に2失点目。リスタートから一瞬の隙を突かれた、という形だったが、前半から日本の左サイドは狙われていたので、やはりやられてしまったか、という感じだった。という事で、日本はその失点後、長友に代えて槙野を左SBに投入。更には、機能性が落ちた宇佐美に代えて小林祐希を投入し、左サイドの攻守の修正を図った。しかし、これで少し持ち直したが、清武などに疲労の色が濃くなり、浅野も最後の質は欠いたままで、得点は生み出せなかった。

FW       金崎夢生  小林悠
MF  小林祐希    清武弘嗣    浅野拓磨
MF          遠藤航
DF  槙野智章 森重真人  吉田麻也 酒井高徳
GK          西川周作

そして、最後は、金崎と小林悠の2トップにした「4-1-3-2」のような形で攻めたが、アディショナルタイムにあった決定的なチャンスでも得点を決められず、試合はそのままスコア「1-2」で終了。ボスニア・ヘルツェゴビナの逆転勝利、という結果に終わった。やはり、攻撃では、相手の強いフィジカル・コンタクトを嫌がって逃げるようなヒールパスを連発したり、少しでも組織的な機能性を落としたり、決定力を欠いたり、という事であると、なかなか格上には得点を奪えなくなってしまう。

また、守備では、強いフィジカルを活かした単純な攻撃にやられてしまったり、セカンドボールとラインコントロールで守れなかったり、更には、一瞬の隙でも作ってしまうと、なかなか格上には失点を減らせなくなってしまう。そういう意味では、やはり個としても組織としても、まだまだ日本はW杯でベスト16以上を狙うには力不足だと思う。ちなみに、日本は香川と本田が出場していなかったが、ボスニア・ヘルツェゴビナも主力を欠いていたから、やはり実力通りの結果だったのではないだろうか。

とりあえず、今の日本がまず戦うべき相手はアジアであり、ロシアW杯のアジア最終予選であるから、それを考えた場合には、不安よりも安心の方を多く得られたブルガリア戦とボスニア・ヘルツェゴビナ戦だったが、ロシアW杯のアジア最終予選を突破できた先というのは、また一山も二山も越えなければならないなと。もっと個としても組織としても守備を強化し、そして、強い守備からどうやって攻撃に繋げるのか、得点まで繋げるのか、という事を二段階ぐらい上げないと、またW杯は厳しいかなと。







このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/06/08 11:45】 | ハリルジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ボスニア・ヘルツェゴビナ戦選手評価 【 岡崎慎司。清武弘嗣。宇佐美貴史。浅野拓磨。柏木陽介。長谷部誠。 】 | ホーム | なでしこジャパン。アメリカ戦2試合を終えての選手評価。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3524-1db10238
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |