ボスニア・ヘルツェゴビナ戦選手評価 【 長友佑都。酒井高徳。森重真人。吉田麻也。西川周作。遠藤航。小林祐希。金崎夢生。小林悠。槙野智章。 】
試合 :キリンカップ
開催日:2016年6月7日
結果 :ボスニア ヘルツェゴビナ代表勝利
スコア:「1-2」
得点者:清武弘嗣 ジュリッチ×2

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          岡崎慎司
MF 宇佐美貴史    清武弘嗣    浅野拓磨
MF       柏木陽介  長谷部誠
DF  長友佑都 森重真人  吉田麻也 酒井高徳
GK          西川周作

FW       金崎夢生  小林悠
MF  小林祐希    清武弘嗣    浅野拓磨
MF          遠藤航
DF  槙野智章 森重真人  吉田麻也 酒井高徳
GK          西川周作


長友佑都
酒井高徳

攻撃的になる誘惑に勝てない性格だったり、身長が低い事を狙わる事が多かったり、日本はもっと中盤の守備力を上げなければ、という事も考えると、やはり日本代表での長友のポジションはSHが良いのかなと。もちろん、そういう事が無ければ、攻撃的になる誘惑に負けなかったり、相手が地上戦を主にする攻撃してきたり、という事であれば、長友はSBが良いと思う。そして、酒井高徳については、やろうとしてるプレイ、というのは、かなり攻守に良くなっているのだが、もう1つ技術力と判断力のレベルを上げないと、W杯で活躍できるレベルの選手にはなれないかなと。


森重真人
吉田麻也
西川周作

やはり、CBとGKは、世界のトップ基準から1つ2つ落ち、という現状であるのは否めず、CBの2人だけで守らなければ、そういう選手たちだけで守らなければ、という状況を作ってしまうと、かなり失点の確率というのは上がってしまうかなと。相手のFWのレベルにもよるが、相手のFWが何枚であっても、日本の場合はSBやボランチも含めて、最後のところは必ず3枚以上で対応する必要があるのではないだろうか。それから、最後のところが弱いので、セカンドボールへの対応も含めて、日本の守備というのは特に中盤での守備力が重要であり、そこが生命線だと思う。


遠藤航

ブルガリア戦のパフォーマンスは良くなかったが、このボスニア・ヘルツェゴビナ戦でのパフォーマンスというのは良かった。特に、簡単には突破させない、ボールを奪える、という守備力を持っている事は重要で、その力がないと、やはり格上相手の試合でのボランチというのは務まらない。もちろん、ボールを奪ってからのプレイであったり、2失点目のシーンの対応であったり、まだまだ成長させなければならない部分はあるが、これからに大きく期待できる選手であるのは間違いない。リオ五輪、そして、ロシアW杯最終予選を経験して、今ある課題をクリアしてもらいたい。


小林祐希

雰囲気は持っているな、という印象だった。フィジカル面で戦えそうだったし、意外と守備もやっていたし、できていた。ただ、仕方ないところだが、やはりプレイ・スピードというのがJリーグの感覚であり、パスのスピード、判断のスピード、寄せのスピード、それをもっと上げる必要があると思う。それができれば、代表でも活躍できる可能性はあるかなと。そして、そのためには、やはり海外のリーグでプレイするのが一番で、ロシアW杯に出場したいと思っているならば、今すぐにでも海外のリーグでプレイした方が良いと思う。鉄は熱い内に打たないと良い形にならない。


金崎夢生
小林悠

金崎については、ブルガリア戦でも今回のボスニア・ヘルツェゴビナ戦でも、1つ起点となる良いポストプレイからのパスをしたが、全体的にはアピール不足だったかなと。新戦力という位置付けから外れ、2番手のCFであったり、2トップならばファースト・チョイスである可能性も高いと思うから、もっと機能性の部分で良さを見せて欲しい。そして、小林悠については、やはり、どちらかといえば、SH(ウイング)よりもCFの方が特性は活かされるかな、という感じで、とりあえずは得点という結果が欲しい。そうすれば、もっと出し手に見てもらえるようになると思う。


槙野智章

少しずつ成長しているが、もっと早い成長が必要だと思う。しかし、今の段階でも、相手によってはCBだったり左SBだったり、そこのポジションが吉田や森重や長友よりも良い場合は意外と多いのではないかと思う。W杯になったら、左SBに槙野、右SBに遠藤航、という布陣になる事も考えられる。そういう意味では、今回は得点を取りに行かなければならない、という状況だったからかもしれないが、オーバーラップして、というプレイよりも、アーリークロスだったり、縦へのロングフィードだったり、大きなサイドチェンジだったり、というプレイを磨いてもらいたい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/06/10 11:45】 | ハリルジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ペイェがスーパーシュートを決めて開幕戦を勝利へ導く。 【 フランス vs ルーマニア 】 | ホーム | ボスニア・ヘルツェゴビナ戦選手評価 【 岡崎慎司。清武弘嗣。宇佐美貴史。浅野拓磨。柏木陽介。長谷部誠。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3526-052319f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |