攻撃はCFのパフォーマンスがポイントになりそう。 【 イングランド vs ロシア 】
試合 :EURO2016 グループB 第1戦
開催日:2016年6月11日
結果 :引き分け
スコア:「1-1」
得点者:ダイアー ∨・ベレズツキー

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
前半は多くのチャンスを作ったイングランドだったが、得点は取れず。一方のロシアは攻守に精彩を欠き、何回も危ないシーンを作ったうえ、得点チャンスは∨・ベレズツキーのヘディングシュートぐらい、という前半だった。という事で、スコアレスで迎えた後半だったが、ロシアが少し攻撃的になると、後半28分、イングランドがFKのチャンス。その直接FKをダイアーが決めてイングランドが先制した。という事で、そのまま試合は進み、後半のアディショナルタイムまで来たので、これはイングランドがスコア「1-0」で勝利するだろう、と思われたのだが、後半47分、CKからの展開で最後は∨・ベレズツキーがヘディングシュートを決め、試合は引き分けに終わった。


【 イングランド 】

FW スターリング ケイン ララーナ
MF ルーニー デル・アリ
MF ダイアー
DF ローズ スモーリング ケイヒル ウォーカー
GK ハート

FW ミルナー ケイン ララーナ
MF ウィルシャー デル・アリ
MF ダイアー
DF ローズ スモーリング ケイヒル ウォーカー
GK ハート

守備時には「4-5-1」のような形で重心を低くしながらも、サイド攻撃からのクロスで何回もチャンスを作ったが、得点はダイアーの直接FKによる1つだけだった。その原因の1つというのは、単純に決定力を欠いた、という事だと思うが、2つには、CFケインのパフォーマンスがイマイチだった、という事もあったと思う。従って、そういう意味では、次戦はCFをヴァーディーに代えたり、「4-1-2-3」ではなく「4-4-2」にして2トップにした方が、得点力は上がるかもしれない。

守備については、セットプレイから2回も同じ∨・ベレズツキーに決定的なヘディングシュートを許し、その内の1つが失点となったが、やはりセットプレイでの守備を、まずは修正する必要があるかなと。それから、守備時には「4-5-1」のような形で重心を低くしているので、そうやって構えた時には大丈夫だと思うが、やはり両SBが攻撃参加した時にカウンターを受けると危ないと思う。従って、攻撃時に守備のリスク管理をどうするのか、という事も、もっと突き詰める必要があると感じた。


【 ロシア 】

FW ジュバ
MF スモロフ シャトフ ココリン
MF ゴロヴィン ノイシュテッター
DF シェンニコフ ∨・ベレズツキー イグナシェヴィチ スモルニコフ
GK アキンフェエフ

FW ジュバ
MF シャトフ シロコフ ココリン
MF ママエフ グルシャコフ
DF シェンニコフ ∨・ベレズツキー イグナシェヴィチ スモルニコフ
GK アキンフェエフ

単純に最初は動きが悪かっただけなのか、イングランドをリスペクトし過ぎたのか、それとも、後半からギアを上げるプランだったのか、とにかく前半のパフォーマンスというのは低調だった。イングランドに決定力があれば、前半で3失点ぐらいしていても、おかしくはなかった。しかし、攻撃的な守備をしていたとしても、CBの∨・ベレズツキーとイグナシェヴィチにはスピードが無いので危ないかな、という感はあるので、やはり低く構えながら、CB以外の選手がもっと頑張るしかないのかなと。

そして、攻撃については、もっとCFのジュバを活かしたいところだが、やはりそのためにも、もう少しMFやSBが運動量を上げたり攻守の切り替えを速くする必要があると思う。しかし、本田がいた時のCSKAでのスルツキ監督の戦い方というのは、前後や攻守が分断的であったり、あまり良くない感じでも結果は出す、という感じだったので侮れない。この試合も結局はイングランド相手に引き分けた。特にCFや2列目の選手たちがパフォーマンスを上げたら、予想外の躍進があるかもしれない。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/06/13 00:00】 | EURO2016 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<モドリッチの得点で勝利。今回は前評判通りの成績を残せるか? 【 トルコ vs クロアチア 】 | ホーム | ベイルのFKと監督の采配が試合の行方を左右した。 【 ウェールズ vs スロバキア 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3530-115429e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |