やはりイニエスタが攻撃の鍵となる選手か。 【 スペイン vs チェコ 】
試合 :EURO2016 グループD 第1戦
開催日:2016年6月13日
結果 :スペイン代表勝利
スコア:「1-0」
得点者:ピケ

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
中盤フラットな「4-5-1」という布陣でガッチリと守るチェコ。それをスペインの攻撃が打ち破って得点を奪えるのか。という試合になったが、後半42分、イニエスタからのクロスをピケがヘディングで決めて、スペインがチェコに勝利した。徹底的に守りながらも、チェコにも得点のチャンスはあったが・・・。


【 スペイン 】

FW ノリート モラタ シルバ
MF イニエスタ セスク
MF ブスケツ
DF アルバ ラモス ピケ フアンフラン
GK デ・ヘア

FW ペドロ アドゥリス シルバ
MF イニエスタ チアゴ
MF ブスケツ
DF アルバ ラモス ピケ フアンフラン
GK デ・ヘア

セスクが少し下がり目でプレイし、そこのスペースの中央にはシルバが入り、サイドはフアンフランが、という右サイドと、イニエスタが中盤で起点となり、ノリートが最前のサイドと中央を動きながら、アルバがオーバーラップ、という左サイドと、そして、モタラが中央の最前でよく攻撃に絡み、得点は1つだけだったが、悪くない攻撃だったと思う。むしろ、チェコの守備が1失点でよく頑張った、という印象だった。ただ、左のウイングについては、ノリートよりもペドロの方が良いかもしれない。

そして、守備については、やはりセットプレイが危険なのと、チェコが超守備的だったので、左右のSBが攻撃的だったのは仕方なかったのかもしれないが、やはり後ろがCBの2枚だけになってカウンターを受けた場合には危険かなと。ただ、少し前と比べれば、メンバー選考でも戦い方でも、バランスが良かったり、柔軟性を出せるようにはなっていると思うので、そういう意味では大丈夫なのかもしれない。とにかく、戦い方や選手のプレイがイケイケにならなければ、手堅く勝っていける気がする。


【 チェコ 】

FW ネツィド
MF クレイチー ダリダ プラシル ロシツキー ゲブレ・セラシエ
DF リンベルスキー フブニーク シヴォク カデジャーベク
GK チェフ

FW ラファタ
MF クレイチー ダリダ プラシル パヴェルカ シュラル
DF リンベルスキー フブニーク シヴォク カデジャーベク
GK チェフ

相手はスペインだったが、ここまでチェコが守備的に戦ったのは意外だった。中盤フラットな「4-5-1」という布陣で、時にはCFも下がって守備をする、というリトリート戦術は、シャビがいたらアンチ・フットボールだと試合後に批判していたかもしれない。ロシツキーまでゴール前でDFのように守備をする徹底ぶりだった。ただ、ある程度は高い位置からもプレスを効かせる守備をしないと、やはり最後まで守り切るというのは難しくて、特にイニエスタは封じないと厳しかったのではないか。

そして、攻撃については、セットプレイからスペインのゴールを脅かし、この戦い方においては良かったと思うし、もう少し普通に戦えば、おそらく、もっと良い攻撃ができるのではないかと思うのだが、そういう意味では次の試合からに期待したい。ダリダ、プラシル、ロシツキー、という中盤中央の3枚には高い展開力があると思うし、サイドアタッカーにもCFにも、それなりに高い能力を持った選手たちが存在していると思うので。そして、スペイン相手にこの結果というのは悪くなかったと思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/06/14 11:47】 | EURO2016 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<イブラヒモヴィッチと交代采配がポイントになった。 【 アイルランド vs スウェーデン 】 | ホーム | コノプリャンカとヤルモレンコが不発。 【 ドイツ vs ウクライナ 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3534-17896802
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |