スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
左サイドとトップ下のエジルがあまり機能していない。 【 ドイツ vs ポーランド 】
試合 :EURO2016 グループC 第2戦
開催日:2016年6月16日
結果 :引き分け
スコア:「0-0」
得点者:

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【 ドイツ 】

FW ゲッツェ
MF ドラクスラー エジル ミュラー
MF クロース ケディラ
DF ヘクター フンメルス ボアテング ヘヴェデス
GK ノイアー

FW ゴメス
MF シュールレ エジル ミュラー
MF クロース ケディラ
DF ヘクター フンメルス ボアテング ヘヴェデス
GK ノイアー

やはり気になるのは、左サイド、ヘクターとドラクスラーの個のパフォーマンスと連携、それから、トップ下のエジルのパフォーマンス、という部分。ある意味では、ゲッツェが偽9番ではなく、右SHのミュラーが偽9番だと思うのだが、フィニッシュをミュラーのところにするためには、やはり左サイドから崩して、という事になると思うので、そこが1つ。それから、初戦では2点目を左サイドからのクロスでアシストしたし、よく動いてはいるのだが、エジルはあまり効果的なプレイができていない。

そこは、初戦の記事でも書いたように、2試合続けてそうで、左SH(ウイング)をシュールレにしてみたり、この試合ではCFをマリオ・ゴメスにしてみたり、という事をしているのだが、なかなか機能しない。そういう意味では、エジルやドラクスラーやシュールレやマリオ・ゴメスではなく、シュヴァインシュタイガーやヴァイグルを使って、少し違う布陣にしてみた方が良いのかなと思う。それは、守備面についても同様で、ノイアーとボアテングの個の力に頼り過ぎている状態はやはり危険かなと。


【 ポーランド 】

FW レヴァンドフスキ
MF グロシツキ ミリク ブワシュチコフスキ
MF クリホヴィアク モンチニスキ
DF ヤンドジェイチク パズダン グリク ピシュチェク
GK ファビアニスキ

FW レヴァンドフスキ
MF ペシュコ ミリク カプスツカ
MF クリホヴィアク ヨドウォヴィエツ
DF ヤンドジェイチク パズダン グリク ピシュチェク
GK ファビアニスキ

攻撃については、2回あった決定的なチャンスでミリクが決められなかった、という事が痛かった。ただ、レヴァンドフスキが起点となり、あるいは、デコイ役となって、シャドウ的な動きでミリクが決める、というパターンは、かなり効果的だと思う。そうなってくると、後はサイドからの攻撃、という事になってくると思うのだが、そこも特に悪いわけではなく、初戦は相手が超守備的だったから、今回は相手がドイツでミリクが決定力を欠いたから、という事だと思うので、今のところ良い感じかなと。

守備については、ドイツもそうだったが、ポーランドもかなり慎重に戦っていたなかで、つまり、ほとんどバランスを崩す事無く戦っていたので、それで良かったと思うのだが、相手が守備的であったり、勝ちに行く試合となった時に、カウンターを受けた時の守備はどうか、という事には少し不安があるのような気がする。そういう意味では、あまりウクライナは調子が良くないが、守備については、第3戦のウクライナ戦が最初の試金石になるかなと。そこで失点が2つ以上あるようだと厳しいと感じる。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/06/18 11:45】 | EURO2016 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<日本代表や日本サッカーの手本になると思う。 【 イタリア vs スウェーデン 】 | ホーム | 内容も結果も明暗がハッキリと出た。 【 ウクライナ vs 北アイルランド 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3544-985d027c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。