チーム作りの差が出た感じだったと思う。 【 アイスランド vs オーストリア 】
試合 :EURO2016 グループF 第3戦
開催日:2016年6月22日
結果 :アイスランド代表勝利
スコア:「2-1」
得点者:ベズヴァルソン シェプ トラウスタソン

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
前半18分、武器としているグンナルソンのロングスローからベズヴァルソンが得点を奪いアイスランドが先制点。しかし、オーストリアも、PKは外してしまったが、後半15分に得点を奪って同点に追い付く。試合は、攻めるオーストリア、守るアイスランド、という展開で、時間経過と共にその傾向は強くなり、終盤はオーストリアが完全に押し込んでいたが、後半49分、2点目を奪ったのはアイスランドだった。という事で、1勝2分0敗、勝点5のアイスランドは2位でグループステージを突破、そして、0勝1分2敗、勝点1のオーストリアはグループステージ敗退、という結果になった。


【 アイスランド 】

FW ベズヴァルソン シグソウルソン
MF B・ビャルナソン G・シグルズソン グンナルソン グズムンドソン
DF スクーラソン R・シグルズソン アウルナソン サイヴァルソン
GK ハルドウルソン

FW トラウスタソン
MF T・ビャルナソン G・シグルズソン グンナルソン B・ビャルナソン
DF スクーラソン R・シグルズソン インガソン アウルナソン サイヴァルソン
GK ハルドウルソン

3試合連続で同じスタメンだった事もあり、後半はかなり体力的に厳しくなっていたが、特に2トップが厳しくなっていたが、T・ビャルナソンを入れてB・ビャルナソンをFWにしてみたり、トラウスタソンを入れたり、最終的には「5-4-1」という形にして守りきり、それだけではなく、後半のアディショナルタイムには2点目を奪い、見事な勝利だったと言える。規律性や献身性が高く、個々のフィジカルが強く、GKハルドウルソンのパフォーマンスも高いので、この守備力があればEURO出場も納得できる。

攻撃については、ベズヴァルソン、B・ビャルナソン、G・シグルズソン、という選手たちにはテクニックの力も感じるが、やはりトップクラスと比べれば物足りない。しかし、ロングスローという武器を最大限に活用できているし、高い推進力をもってシンプルに縦へ縦へとゴールを目指す攻撃は充分相手に脅威を与えている。ただ、攻守共に、2トップのパフォーマンスが落ちたり、体力的に厳しくなってくると、大幅に威力が落ちる傾向があるので、選手交代と体力のリカバリーが決勝トーナメントの鍵になるかなと。


【 オーストリア 】

FW アラバ
MF アルナウトヴィッチ ザビッツァー
MF フクス イルサンカー バウムガルトリンガー クレイン
DF ヒンターエッガー ドラゴヴィッチ プレドル
GK アルマー

FW ヤンコ シェプ
MF アルナウトヴィッチ アラバ バウムガルトリンガー ヤンチャー
DF フクス ヒンターエッガー ドラゴヴィッチ クレイン
GK アルマー

第1戦目は「4-2-3-1」、第2戦目はアラバをFWで起用した「4-4-2」、そして、第3戦目はアラバをCFで起用した「3-4-2-1」と、システムや布陣を変更して、どうにかして攻守の機能性を上げようとしていたが、結局、最後まで攻守のパフォーマンスは上がらなかった。特に攻撃については、大枠での狙い、というのは感じられたが、しっかりと突き詰められてはいなかったかなと思う。トップクラスの選手がアラバぐらいしかいないなかで、個の力に依存しすぎていた、という事もあったと思う。

ただ、アラバのようなユーティリティな選手を軸として、というのは、チームを作るうえでは難しさもあるのではないか、という感じもあって、アラバをどこのポジションで使うのがベストなのか、という事については常に迷いが生じていたと思うし、それが定まらない事によって、攻撃の形をしっかりと突き詰められなかったのではないだろうか。予選では個の力だけでどうにかなったが、やはり本大会は、それでは厳しかったのだと思う。そのあたりの部分が、今後に向けては、オーストリアの課題になってくると思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/06/24 00:15】 | EURO2016 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<C・ロナウドが2ゴール1アシストの活躍。そして、グループステージも突破したが、しかし・・・。 【 ハンガリー vs ポルトガル 】 | ホーム | ドルトムントに加入の18歳エムレ・モルが先制点をアシスト。 【 チェコ vs トルコ 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3559-4d8c3bea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |