個と組織の関係性はプライオリティ。アイデアは多様性から。 【 スウェーデン vs ベルギー 】
試合 :EURO2016 グループE 第3戦
開催日:2016年6月22日
結果 :ベルギー代表勝利
スコア:「0-1」
得点者:ナインゴラン

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
気合を入れて攻めるスウェーデン、カウンター攻撃に活路を見出しつつあるベルギー、という感じの試合だったが、共に決定力を欠き、あるいは、相手のGKのファインセーブにより、なかなか得点を奪えない。しかし、後半39分、ナインゴランがミドルシュートを決めてベルギーが先制。そのまま試合はスコア「0-1」で終了し、ベルギーは2位でグループステージを通過、スウェーデンは敗退、という事になった。


【 スウェーデン 】

FW イブラヒモヴィッチ ベリ
MF フォルスベリ シェルストレーム エクダル ラーション
DF オルソン グランクヴィスト ヨハンソン リンデレフ
GK イサクソン

FW イブラヒモヴィッチ グイデッティ
MF ゼンギン シェルストレーム エクダル ドゥルマズ
DF オルソン グランクヴィスト ヨハンソン リンデレフ
GK イサクソン

イブラヒモヴィッチという存在を活かせなかったなと。フィニッシュをイブラヒモヴィッチ、中盤での起点としてイブラヒモヴィッチ、という事ではなく、高い位置での起点としてイブラヒモヴィッチ、という事をまずは前提として、そこから逆算的に、他の選手たちはどう動くのか、他の選手たちはどのようなプレイをするのか、という事が必要だったと思う。そういう部分のアイデアが選手たちにも足りなかったと思うし、監督のチーム作りにもアイデアが足りなかったかなと。良い所が無かった大会だった。

ただ、イブラヒモヴィッチは、この試合を最後に代表引退を発表したので、ある意味では、イブラヒモヴィッチの呪縛から解き放たれると思うし、規格外の選手が不在となれば、より組織的な動きや戦術的な思考の必要性に迫られると思うので、ベクトルが良い方向へ向かう可能性もあるのではないだろうか。但し、そういう事がきちんと行われない場合には、かなりの低迷期に入ってしまう可能性もあると思う。そういう意味では、今のスウェーデン代表は岐路に立つ事となり、どうなるのかは気になるところ。


【 ベルギー 】

FW ルカク
MF アザール デ・ブライネ カラスコ
MF ヴィツェル ナインゴラン
DF ヴェルトンゲン ヴェルマーレン アルデルヴァイレルト ムニエ
GK クルトワ

FW ベンテケ
MF オリギ デ・ブライネ メルテンス
MF ヴィツェル ナインゴラン
DF ヴェルトンゲン ヴェルマーレン アルデルヴァイレルト ムニエ
GK クルトワ

第1戦、第2戦、第3戦、少しずつ良くなっているというのか、少しずつ答えを掴みかけている、という感じなのだが、個のアイデアや役割の部分、組織的な連動性の部分、まだ40%から50%ぐらい、という感じだろうか。カウンター攻撃は形になっていると思うが、それができなかった時には、可能性がスッと萎んでしまう感じがあるし、個々の選手の思考も動きも止まってしまう感じで、監督がそこにアイデアを与える必要もあると思うし、選手たちが話し合って動き方や役割を決める必要があると思う。

だからと言って楽な試合はないと思うが、決勝トーナメントの山は楽な方に入ったので、勝ち進みながら、個としてもチームとしても成長できるかどうか、という事がポイントになると思う。しかし、個の力はあるが、ドリブラーが多かったり、CFも似たようなタイプだったり、チームの構成として、そういう部分での悪さというのはあるような気がする。アイデア不足や連動性の不足というのは、そこにも原因があるような気がする。ただ強い個を寄せ集めただけでは、強い組織は生まれない。多様性も必要。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/06/25 00:14】 | EURO2016 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<様々な要素が劇的な勝利の理由となった。 【 イタリア vs アイルランド 】 | ホーム | C・ロナウドが2ゴール1アシストの活躍。そして、グループステージも突破したが、しかし・・・。 【 ハンガリー vs ポルトガル 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3561-3d1d64d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |