怪物ボアテング。復活のマリオ・ゴメス。 【 ドイツ vs スロバキア 】
試合 :EURO2016 ラウンド16
開催日:2016年6月26日
結果 :ドイツ代表勝利
スコア:「3-0」
得点者:ボアテング ゴメス ドラクスラー

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
前半8分、CKからのこぼれ球をボアテングがスーパーシュート。それが決まってドイツが先制点。そして、攻め続けたドイツは、前半43分にも得点を奪って2点目。これでスコア「2-0」、ドイツの2点リードという展開になり、スロバキアにも1点は返せそうなシーンはあったが、それはGKノイアーに防がれてしまった。という事で、後半のスロバキアは「4-3-2-1」という形に変えて反撃を試みたが、後半18分、ドイツに3点目が入り、それで試合終了だった。ドイツの完勝、という試合だった。


【 ドイツ 】

FW ゴメス
MF ドラクスラー エジル ミュラー
MF クロース ケディラ
DF ヘクター フンメルス ボアテング キミッヒ
GK ノイアー

FW ゴメス
MF ポドルスキ エジル ミュラー
MF クロース シュヴァインシュタイガー
DF ヘクター フンメルス ヘヴェデス キミッヒ
GK ノイアー

CFがマリオ・ゴメスになってから攻撃が機能。ポゼッション型のサッカーをするようになっているが、やはりドイツの場合には、ゼロトップ型ではない方が良い、という事なのだろうか。ただそこは、「4-1-2-3」ではなく「4-2-3-1」を使っているから、今はマリオ・ゴメスのパフォーマンスが良いから、という事もあると思う。従って、この試合では3得点を奪ったが、マリオ・ゴメスのパフォーマンスが落ちたり、マリオ・ゴメスが封じられた場合には、やはり違う形も必要になってくると思う。

そして、守備については、ボアテング、フンメルス、ノイアー、とにかく最後の壁が強くて上手いし、個々の守備力も高く、攻から守への切り替えも速い中盤の守備力というのも高いので、トップクラスの攻撃力であったり、トップクラスのハードワークを持つチームと対戦しない限りは、そう簡単には得点は奪われないのかなと。ただ、1つ綻びが生まれたり、何か不運が起きて先制点を奪われたりすると、それで崩れてしまいかねないハイリスクな守備でもあるので、そうなった時には負ける可能性もあると思う。


【 スロバキア 】

FW ジュリシュ
MF ヴァイス ハムシク フロショフスキー クツカ
MF シュクリニアル
DF ギョンベール ジュリツァ シュクルテル ペカリク
GK コザチク

FW シェスターク
MF ハムシク クツカ
MF グレグシュ シュクリニアル フロショフスキー
DF ジュリツァ サラータ シュクルテル ペカリク
GK コザチク

しっかり守って、というゲームプランだったスロバキアだが、前半8分という早い時間帯にボアテングのスーパーシュートで先制点を奪わてしまい、それでもう苦しくなった。更には、前半43分という時間帯にも2点目を奪われ、2点差になってしまった、という事もそうだが、やはり精神的なダメージも大きかったと思う。それでも、後半からはシステムを「4-3-2-1」に変更して、それでスロバキアの流れの時間帯も作ったのだが、そこで得点を奪えず逆に3点目を奪われ、残念ながら完敗だったと思う。

1つ気になったのは、初戦では途中からトップ下に入って得点を取り、第2戦からはゼロトップ的なCFとしてスタメン出場していた、ドゥダという選手がスロバキアにはいるのだが、その選手は使えなかったのだろうか、という事。かなり運動量が多かったので、疲労で使えなかったのかもしれないが、もしそうではなかったとしたら、CFはドゥダをスタメンにした方が良かったと思うし、ジュリシュを使いたかったのだとしても、フロショフスキーまたはクツカのところにドゥダを使った方が良かった気がする。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/06/27 18:01】 | EURO2016 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<アザールの個の力というのが際立っていたが。 【 ハンガリー vs ベルギー 】 | ホーム | グリーズマンの2得点で逆転勝利。 【 フランス vs アイルランド 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3568-1e96d17f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |