守護神ブッフォンはやはり守護神だった。 【 イタリア vs スペイン 】
試合 :EURO2016 ラウンド16
開催日:2016年6月27日
結果 :イタリア代表勝利
スコア:「2-0」
得点者:キエッリーニ ペッレ

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
序盤からイタリアの方が攻め、決定的なチャンスも作り、前半33分、直接FK、GKデ・ヘアが弾いたボールにジャッケリーニとキエッリーニ詰め、最後はキエッリーニが押し込んでイタリアが先制点を奪う。そして、スペインも、後半25分にルーカス・バスケスを投入したぐらいから攻撃が機能し始め、何回か決定的なシュートも放ったが、全てイタリアのGKブッフォンに防がれてしまう。という事で、スコア「2-0」、後半のアディショナルタイムには2点目も奪ったイタリアが勝利を収めた。


【 イタリア 】

FW ペッレ エデル
MF デ・シーリョ ジャッケリーニ デ・ロッシ パローロ フロレンツィ
DF キエッリーニ ボヌッチ バルザーリ
GK ブッフォン

FW ペッレ インシーニェ
MF デ・シーリョ ジャッケリーニ モッタ パローロ ダルミアン
DF キエッリーニ ボヌッチ バルザーリ
GK ブッフォン

やはり、キエッリーニ、ボヌッチ、バルザーリ、ブッフォン、という4人のセット、ユベントスのカルテットは、安定感があって守りが堅固だなと。そして、運動量があるジャッケリーニとパローロ、中盤の底で攻守を引き締めるデ・ロッシとモッタ、タイプの組み合せが良くパフォーマンスも高いペッレとエデル。一人で試合を決めてしまうようなタレントはいないが、規律性と献身性の高い組織力と経験、それでスペインも一蹴してしまった。ドイツもフランスも、この試合を見て恐々としているのではないだろうか。

そういうチーム状態の中で、ミランでは攻守に精彩を欠いているデ・シーリョも、守備では堅実なプレイを見せ、攻撃ではワンタッチでのクロスで何度もチャンスを作るなど、かなり良いパフォーマンスだった。但し、1つだけイタリアには不安要素があって、それは右のウイングバックなのだが、そこだけがまだしっくりきていないのかなと。それから、イタリアはデ・ロッシとモッタを、常に時間制限をかけながら使っているのだが、次の試合への不安要素としては、累積警告でモッタが出場停止になる、という部分。


【 スペイン 】

FW ノリート モラタ シルバ
MF イニエスタ セスク
MF ブスケツ
DF アルバ ラモス ピケ フアンフラン
GK デ・ヘア

FW シルバ ペドロ ルーカス・V
MF イニエスタ セスク
MF ブスケツ
DF アルバ ラモス ピケ フアンフラン
GK デ・ヘア

まずは守備という部分で、以前の記事でも書いたように、スペインはもっとハイプレスでいかないと、やはり、構えても難しかったと思う。もちろんそこは、相手がイタリアだったので、かなりの賭けになるが、セスク、シルバ、という選手たちを使うのであれば、構える守備では難しかったと思う。そういう守備のプランで戦うのであれば、セスク、シルバ、ではなく、ブルーノ・ソリアーノ、コケ、という選手たちを使った方が良かったと思う。率直に言って、セスクとシルバを使うスタメンに拘り過ぎていたかなと。

攻撃についても、やはり、どちらかのサイドの高い位置には、ルーカス・バスケスのようなウインガーを使った方が良かったのでは、という事もあったし、ノリートも悪くはなかったが、やはり、ペドロを使った方が左サイドは、イニエスタ、ジョルディ・アルバ、ペドロ、という3人の連携で、より威力を出せていたのではないかと思う。それから、やはりスペインは、ポゼッション・サッカーへの対策が確立されてしまったので、アトレティコ・マドリードという存在もあるし、戦い方を柔軟にする必要があると思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/06/28 11:45】 | EURO2016 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<基本に忠実であり、尚且つ、最先端の戦い方。 【 イングランド vs アイスランド 】 | ホーム | アザールの個の力というのが際立っていたが。 【 ハンガリー vs ベルギー 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3570-bab9eb92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |