90分間では1回も勝たずに準決勝へ。 【 ポーランド vs ポルトガル 】
試合 :EURO2016 準々決勝
開催日:2016年6月30日
結果 :ポルトガル代表勝利
スコア:「1-1(3PK5)」
得点者:レヴァンドフスキ R・サンチェス

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
前半2分、左サイドを突破してクロス、レヴァンドフスキが今大会の初ゴールを決めてポーランドが先制点を奪う。しかし、前半33分、R・サンチェスが左足でミドルシュートを決めてポルトガルが同点に追い付く。そして、その後は、お互いに攻め手を欠き、延長戦でも得点は生まれず、試合の決着はPK戦へ。ポーランドは2試合続けてのPK戦だったが、ポルトガルがPK戦を制し、準決勝へと進出した。


【 ポーランド 】

FW レヴァンドフスキ
MF グロシツキ ミリク ブワシュチコフスキ
MF モンチニスキ クリホヴィアク
DF ヤンドジェイチク パズダン グリク ピシュチェク
GK ファビアニスキ

FW レヴァンドフスキ
MF カプスツカ ミリク ブワシュチコフスキ
MF ヨドウォヴィエツ クリホヴィアク
DF ヤンドジェイチク パズダン グリク ピシュチェク
GK ファビアニスキ

先制点のシーンでは、ミリクがデコイ役になってレヴァンドフスキが決める、という、ようやくレヴァンドフスキの方が得点を取るパターンが出て、しかも、ポーランドについては懸念していた、リードされる展開にはならなかったので、これはポーランドの勝ちパターンかなと思ったのだが、手堅く、手堅く、という事が、あまりにも強すぎたかなと。もちろん、それは結果論ではあるのだが、少しでも勝負に出た、と感じられた事が120分間で1回も無かったし、PK戦でも良しとするのが早すぎたと思う。

そういう意味では、選手たちやサポーターたちの心の中には、少し消化不良な感じも残ったのではないだろうか。とても組織立ち、ほぼバランスは崩さず、守備からしっかりと戦い、カウンターからや相手のミスを見逃さず得点を奪う、という戦い方は、地味だったが魅力的だったし、守り方もボール回しの方法も洗練されていて良かったのだが、悪い言い方をすれば、ややチキンだったかなと思う。もう少しサイドの1枚が早く上がってくれば、大きなチャンスになったのではないか、というシーンも多かった。


【 ポルトガル 】

FW C・ロナウド ナニ
MF J・マリオ A・シウヴァ R・サンチェス
MF W・カルヴァーリョ
DF エリゼウ フォンテ ペペ セドリック
GK R・パトリシオ

FW C・ロナウド
MF R・サンチェス ナニ クアレズマ
MF ダニーロ J・モウティーニョ
DF エリゼウ フォンテ ペペ セドリック
GK R・パトリシオ

90分間では1回も勝たずに、PK戦での勝利を引き分けと考えれば、5戦1勝4分0敗、という成績で準決勝へ。薄氷を踏むように、しかし、不気味にヌルヌルと勝ち上がってきている。ただ、チーム状態というのは、少しずつ確実に良くなっていて、W・カルヴァーリョ、R・サンチェス、A・シウヴァ、フォンテ、という選手たちは、初戦ではスタメンではなかったのだが、彼らを使うにつれて攻守が良くなっている。そういう意味では、勝ち進めた事でチームが向上している、できた、という事も言える。

ただ、やはり、何度も書いてきたが、攻撃については、C・ロナウドを使って他の選手が得点を取る形、というのを、もっと作った方が良いと思う。そこはポーランドとは逆。この試合の後半というのは、機能していた前5枚の流動的な攻撃を捨て、きちんとポジションを崩さない「4-1-3-2」や「4-2-3-1」にして、より守備を重視した戦い方に変えたのだが、戦い方というよりも、やはり、C・ロナウドが引き付けたDFの裏などに他の選手が入って、という事が、攻撃ではポイントになると思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/07/01 11:54】 | EURO2016 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<格上から得点を奪うにはこれ、という100%の攻撃だった。 【 ウェールズ vs ベルギー 】 | ホーム | 南アフリカ戦(Uー23) 【 道は見えている。問題はその道を進めるかどうか。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3573-a684be13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |