ここで負けてしまったが素晴らしいチームだった。 【 フランス vs アイスランド 】
試合 :EURO2016 準々決勝
開催日:2016年7月3日
結果 :フランス代表勝利
スコア:「5-2」
得点者:ジルー ポグバ ペイェ グリーズマン シグソウルソン ジルー B・ビャルナソン

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
前半12分、DFラインの裏へと抜け出したジルーが決めてフランスが先制点。そして、前半20分にはCKからポグバ、前半43分には左足のシュートでペイェ、前半45分にはDFラインの裏へと抜け出したグリーズマン、と得点を決め、前半でフランスがスコア「4-0」とリードを奪う。という事で、後半には2点を返して意地を見せたアイスランドだったが、結果はスコア「5-2」でフランスが勝利を収めた。


【 フランス 】

FW ジルー
MF ペイェ グリーズマン シソコ
MF マテュイディ ポグバ
DF エヴラ ユムティティ コシールニー サーニャ
GK ロリス

FW ジニャック
MF コマン グリーズマン シソコ
MF マテュイディ ポグバ
DF エヴラ ユムティティ マンガラ サーニャ
GK ロリス

先制点を奪った後にロングスローから危ないシーンがあって、そこで決められていたらイングランド対アイスランド戦と同じような展開になったので、そうならなくて良かったなと。ただ、守備に関しては、ラミとコシールニーでも少し不安定な感じがあるし、ユムティティだと高さに少し弱さがあるし、点差が開いたから、という事もあったとは思うが、2失点という結果も然り、GKロリスのファインセーブが無かったら、もう1失点ぐらいはしていたと思うので、ドイツが相手だと、やはり不安は拭えない。ダブルボランチにした事により、中盤の守備力というのは上がったが、SBとCB、DFラインの選手の守備に関しては、やはり不安が感じられた。

一方の攻撃に関しては、「ポグバも含めて、ジルー、グリーズマン、ペイェ、など、中央あるいは中央寄りでプレイする選手たちの得点力、決定力、というのが大きなポイントになってくるかなと」、と開幕戦の記事で書いたのだが、この試合では、その4人の選手が全て得点を決め、そこの得点力、決定力が右肩上がりなのは、とても大きいと思う。また、ポグバが3列目に下がった事によって、2列目で渋滞を起こさないなど、中盤でのボール回しがスムーズになった、という良さも見られた。他には、グループステージの3戦目でも良さを見せていたが、右SHとしてのシソコが良かった事もポジティブな要素だった。さて、ドイツ戦はどうなるだろうか。


【 アイスランド 】

FW ベズヴァルソン シグソウルソン
MF B・ビャルナソン G・シグルズソン グンナルソン グズムンドソン
DF スクーラソン R・シグルズソン アウルナソン サイヴァルソン
GK ハルドウルソン

FW フィンボガソン グジョンセン
MF B・ビャルナソン G・シグルズソン グンナルソン グズムンドソン
DF スクーラソン R・シグルズソン インガソン サイヴァルソン
GK ハルドウルソン

開幕戦からずっと同じスタメンだったので、さすがに疲労が大きかったのか、それとも、イングランドに勝利して、やや燃え尽き症候群的になってしまったのか、とにかく、理由は何であるにせよ、この試合の前半は特に、やや運動量も少なかったし、ややインテンシティも低かったかなと。それが前半で4失点という結果の一番の原因だったと思う。ただ、後半は少し盛り返し、2点を返した事は流石だったと思うし、そこに、今大会のアイスランドの強さは本物だった、という事が示されていたと思う。

ただ、この試合に関しては、戦術的な事を1つ言えば、メンバーは同じでも、2トップの1枚を2列目に下げ、ダブルボランチの1枚をアンカーにして、「4-1-4-1」、という形にした方が良かったかなと。その方が、相手のダブルボランチに、もっとプレッシャーをかける事ができていたと思うし、トップ下のグリーズマンも、もっと封じる事ができていたと思う。もちろん、そうしていたとしても、特に前半のような運動量の足り無さとインテンシティの低さでは、厳しかったとは思うが・・・。

今大会のアイスランドに関しては、フィジカル、闘争心、サポーターも含めた団結力、そして、レスターやアトレティコ・マドリードのような戦い方と組織力、という要素の強さや高さもそうだったのだが、テクニックという要素でも良さがあった。派手さは無いが、多くの選手たちが、基礎のしっかりとした技術力を持っていたし、この試合ではクロスからのアシストもあったが、左SBのスクーラソンの身長は170センチで、とても良いテクニックを持っていた。このチームは素晴らしかったと思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/07/04 11:45】 | EURO2016 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<リオ五輪に挑む最終メンバーについて。 | ホーム | 攻守においての戦術的な修正と個の力が少しだけ上回った。 【 ドイツ vs イタリア 】>>
コメント
グジョンセンが出てきたときの盛り上がりは良かったなぁ。
全盛期の時のグジョンセンを見たかったですねー。違いが作れたはずです。
ついでにウェールズにもライアン・ギグスがいたらどうなるか、と思わずにはいられません。
【2016/07/04 15:32】 URL | ただのミーハー #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3576-838910c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |