リオ五輪に挑む最終メンバーについて。
GK 櫛引政敏 中村航輔
DF 植田直通 岩波拓也 塩谷司
DF 室屋成 亀川諒史 藤春廣輝
MF 遠藤航 原川力 大島僚太 井手口陽介
MF 矢島慎也 中島翔哉 南野拓実
FW 浅野拓磨 久保裕也 興梠慎三

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
メンバー予想がみてみたい、と言われたので、発表前に考えてみたのだが、櫛引政敏、中村航輔、植田直通、塩谷司、室屋成、藤春廣輝、遠藤航、原川力、大島僚太、矢島慎也 中島翔哉、南野拓実、浅野拓磨、久保裕也、興梠慎三、この15人までを選ぶのは簡単だった。難しかったのは残りの3人をどうするかで、問題の1つはCBのところ。怪我から回復すると見込んで岩波拓也を選ぶか、他のCBの選手を選ぶか、それとも、遠藤航は当然CBもできるので、他のCBも岩波拓也も選ばないか。

問題の2つは、フィジカルや高さのFW、つまり、オナイウ阿道もしくは鈴木武蔵を選ぶかどうか、という事。個人的には、自分が監督だったら、どちらかの選手は選んでいたと思うが、Uー23選手権後の手倉森監督のチーム作りを考えると、フィジカルや高さよりもスピードのあるFWで2トップを、という感じだったので、そこをどうするのかを予想するのは難しかった。そして、問題の3つは、SBのところ。つまりは、松原健もしくは亀川諒史を選ぶのか、それとも、どちらも選ばないのか。

SBのところは、室屋成が左右できるので、松原健を選ぶ事もできたし、パフォーマンスに不安はあるが、ずっと使ってきた、左右ができる亀川諒史にはアドバンテージがあるし、それから、遠藤航、塩谷司、井手口陽介、など、SBでもプレイできる選手がいるので、松原健も亀川諒史も選ばない、という選択肢もあったと思う。そして、メンバー選びについては、リオ五輪での気候やロンドン五輪での事を考えた場合に、FWやMFに多くの選手を選んでおいた方が、という事も個人的にはあった。

どのポジションについてもそうなのだが、個人的には、FWの献身的な守備、MFの守備力、という事が、より重要になってくると思っているので、つまり、そこの運動量を常に担保しておくためには、残りの3人を全てFWとMFにしておく、という事も良いのではないかと思っていた。例えば、オナイウ阿道、豊川雄太、喜田拓也、井手口陽介、という選手たち。もちろん、CBはともかく、SBにも運動量は必要だが、喜田拓也、井手口陽介、豊川雄太、という3人は、SBもできると思うので。

従って、個人的には、残りの3人には、オナイウ阿道と、豊川雄太と喜田拓也と井手口陽介の3人の内から2人を、という事で悩んでいたのだが、結局、手倉森監督が選んだのは、岩波拓也、亀川諒史、井手口陽介、という3人だった、という事で、FWはフィジカルや高さより他の要素を重要した、最終的にはU-23選手権のメンバーをより信頼した、やはりポジションのバランスを優先した、という事になった。もちろん、それはそれで、大きな不満があるわけではない。ただ、心配な事はある。

1つには、フィジカルや高さのあるFWを切った事で、それが攻守にマイナスを起こす可能性があるかもしれない、という事。テクニックや決定力という部分では大きく力不足だが、トゥ-ロンでのオナイウ阿道はフィジカルの強さと良いオフ・ザ・ボールの動きできちんと起点にはなれていたし、また、守備でも頑張っていたし、セットプレイの時の守備でも高さが減るというのは不安に感じられる。対日本では高さとパワーで、という事は当然あると思うから、それに対抗できるのかは不安に思う。

それから、2つには、守備力や運動量という部分で、このMFのメンバーで大丈夫なのかな、という事もある。遠藤航と原川力、その2人以外のMFのメンバーというのは、小柄であったり、それほどフィジカルが強くなかったり、守備力に不安があったり、という選手たちで構成されているので、そこにスタミナ的な厳しさが加わってくると、どうにもならない状態に陥ってしまう可能性もあると思う。ただ、もうこのメンバーで戦うと決まったので、そこは大丈夫だと信じて強く応援したいと思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/07/05 11:45】 | リオデジャネイロ五輪 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<個人的に選ぶベスト8までのベスト11。 | ホーム | ここで負けてしまったが素晴らしいチームだった。 【 フランス vs アイスランド 】>>
コメント
今回のメンバーでは管理人さんの言うとおり高さやフィジカルの強さで不安を抱えるメンバーが多い印象が強いです。久保、興梠、浅野のファーストディフェンスと中島、矢島の守備意識が今大会肝だと思われる。
今回のメンバーは予選では見てて非常にワクワクするチームでもあったので是非メダルに向けて頑張ってほしい。
【2016/07/05 14:24】 URL | koan #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3577-4a293ac4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |