手倉森ジャパンについて個人的に心配している2つの事。
ブラジル戦は、本番直前の親善試合であり、相手は開催国のブラジルだったので、もちろん、そうではない相手にでもそうだが、相手に怪我をさせてはいけない、という事は当然あったし、もちろん、球際の激しいプレスをかけるという事は、自分たちが怪我をするリスクも当然高くなるわけだから、そこに関しては、つまり、プレスが弱かった事に関しては、あまり心配していない。おそらく、本番では、球際の激しいプレスが見られると思う。むしろ、心配になったのはブラジルの方で、前半の本気度が高かったので、余裕が無いのか、気合が空回りしなければいいのだが、という印象だった。

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
それよりも、今現在、手倉森ジャパンについて個人的に心配しているのは、サブのシステムの「4-1-4-1」が機能していない、という事と、ロングカウンターが上手くできていない、という事。手倉森ジャパンは、継続して「4-1-4-1」をサブのシステムとして使ってきたが、ほとんど機能した事が無い。おそらくそれは、「4-4-2」の時よりもコンパクトにできないから、1トップだと厳しいから、という事であると思うのだが、そうなってくると、「4-1-4-1」は選択肢から外した方が良いのではないか、という気がしている。本番で使うには機能性が低すぎると思う。

そして、ロングカウンターが上手くできていない、という事については、ボールを奪ってからの攻撃、という事が手倉森ジャパンの継続されてきた課題の1つで、ショートカウンターというのは、ボールを奪う難しさというのはあるが、そこからの攻撃というのはロングカウンターよりも難しくない。従って、なるべくならショートカウンターで攻撃したいのだが、やはり今の日本の実力を考えた場合には、どうしてもロングカウンターでの攻撃を多くしなければならないのだが、その上手さというのが、なかなか上がらない。おそらく、そこが上手くならないと、メダルには手が届かないと思う。

ただ、ロングカウンターが上手くできていない、という事については、もちろん、身体的や技術的な問題もあるのだが、半分はやはり意識の問題であると思っていて、どうしても日本の場合には、そこからロングカウンターで、というスイッチの時に、ボールホルダーが躊躇して待って(止まって)しまったり、FWの動き出しが遅かったり迷ってしまったり、その時にフリーランニングで長い距離を走る選手がいなかったり、という事が多い。遠いと感じるよりも、むしろ、相手の後方にスペースを作った、相手の後方を少なくしたと考えて、そこから一気に、という事を意識してもらいたい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/08/03 11:45】 | リオデジャネイロ五輪 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ナイジェリア戦(Uー23) 【 なぜ機能してこなかった「4-1-4-1」を選択したのだろうか? 】 | ホーム | ブラジル戦(Uー23) 【 小さな変化に敏感になる事。しかし臆病にはならないように。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3592-e63532af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |