コロンビア戦(Uー23) 【 我慢しきれない対応や戦い方をしてしまわない事。 】
試合 :リオ五輪 グループB 第2戦
開催日:2016年8月8日
結果 :引き分け
スコア:「2-2」
得点者:グティエレス OG 浅野拓磨 中島翔哉

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW        興梠慎三  浅野拓磨
MF   中島翔哉            矢島慎也
MF       井手口陽介  遠藤航
DF   藤春廣輝 植田直通  塩谷司  室屋成
GK           中村航輔

FW        興梠慎三  浅野拓磨
MF   中島翔哉            南野拓実
MF        大島僚太  遠藤航
DF   室屋成  植田直通  塩谷司  亀川諒史
GK           中村航輔


前半は攻守にとても良かったし、後半も継続して良かった。やはり、このチームは、「4-1-4-1」よりも「4-4-2」の方が機能する。1失点目に関しては、井手口の対応が悪かった。奪おうとしたのだと思うが、入れ違われないように、前を向かれないように、という堅実な対応をした方が正解だったと思う。2失点目に関しても、1つには、やはり藤春の個によるミスで、迷ったらセーフティ、もしくは、あのようなシーンでは、そもそも迷わずにセーフティ、という事が絶対。痛恨のミスだった。

但し、2失点目には間接的な原因というのもあって、それは1失点し、前掛かりになってしまった事。残り時間はアディショナルタイムも含めれば30分以上ある状況で、まだ1失点の状況であり、尚且つ、日本は良い感じで戦えていたから、まだ焦って攻撃的になる状況ではなかった。結局は、前掛かりになってカウンターを受けた、というのが2失点目だった。矢島と井手口に代えて南野と大島を入れた事は、もちろん得点を取りたいという意図だったとは思うが、前掛かりになる意図ではなかったと思う。

しかし、そこから日本は2得点し同点に追い付く。攻撃陣の好調さに日本は救われている。浅野は2試合連続で得点。南野と大島もナイジェリア戦に引き続き攻撃面でのパフォーマンスは高い。この試合では中島のパフォーマンスも高かった。興梠も悪くない。また、藤春も攻撃面では悪くない。それに加え、ナイジェリアもコロンビアも後半の途中からはバテてくれたし、組織立っていなかったので守備力は高くなかった。それから、早い判断で南野と大島を投入した手倉森監督の交代采配も良かったと思う。

従って、日本は攻撃陣が好調で、スウェーデンも守備力がどうにもならないぐらい高いわけではないし、おそらく、同じように後半の途中からはバテてくれると思うので、やはり勝利するためのポイントは守備。とにかく失点しない事。「4-4-2」に戻し、内容というのは確実に良くなった。2失点はしたが、守備も良かったと思う。個によるミスさえなければ、そして、その事にも関係しているのだが、我慢しきれない対応や戦い方をしてしまわない事、そこがやはりスウェーデン戦でも鍵になると思う。

FW        興梠慎三  浅野拓磨
MF   中島翔哉            南野拓実
MF        原川力   遠藤航
DF   亀川諒史 植田直通  塩谷司  室屋成
GK           中村航輔

ちなみに、スウェーデン戦は、上記のスタメンが良いと思う。攻撃の切り札には、まだ鈴木が残っているし、まずは守備重視で試合に入るにあたり、この試合では井手口を使ったので、次はローテーションして原川。そして、大島は後半のスタートから、または、後半の途中から使う。大島がいなかった前半の攻撃も悪かったわけではない。左SBは精神的に厳しくなっていると思う藤春に代えて亀川。塩谷はナイジェリア戦よりも良くなっていた。もし再び不安定になったら途中から岩波を使えば良いと思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/08/08 14:45】 | リオデジャネイロ五輪 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<スウェーデン戦で勝利できれば評価は大きく変わる。 | ホーム | 我慢と分析と成長がポイントになる。後は手倉森監督の試合中の采配。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3596-0234689e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |