スウェーデン戦で勝利できれば評価は大きく変わる。
コンパクト。ポジショニング。マーク。アタック&カバー。トランジション。まずはコンパクトにして中央ゾーンにスペースを作らない事。そのためにはポジショニングを常に意識してプレイする事。そしてタイトなマークで相手にプレッシャーを与える事。またアタック&カバーを集中して90分間やり続ける事。それからトランジションで相手を上回る事。コンパクト。ポジショニング。マーク。アタック&カバー。トランジション。この5つの言葉を頭の中で念仏のように繰り返してプレイしてもらいたい。

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
そして、守備においては縦パスを強く意識する事。相手の縦パスに対して、そこへの背後からのリアクションのスピードを上げる事。そのためにはポジショニングも重要。相手の縦パスに上手く対応できれば守備から主導権が握れる。2トップとSHがしっかりと縦パスのコースを切り、特にバイタルエリアへの縦パスのコースを塞ぎ、苦し紛れに入れた相手の縦パスをボランチとDFがきちんと弾き返す、あるいは、奪う、という事が重要。そこの質をもっと上げる事がスウェーデン戦の鍵になってくると思う。

攻撃については3つ。1つには相手の守備の準備が整う前にゴール前での勝負に持ち込む事。おそらくスウェーデン戦は浅野のスピードが最も活きると思う。2つにはロングパスとショートパスの使い分け。最初はロングパスを使ってセーフティに且つ相手が疲れるまで待ち、相手が疲れたらショートパスで攻める。それから、3つにはセットプレイ。スウェーデン戦に向けては、攻撃に関しては、セットプレイを徹底的にやるだけでも良いと思う。セットプレイから2点ぐらい奪うつもりで準備してもらいたい。

グループステージを突破できてもできなくても、スウェーデン戦で勝利できれば評価は大きく変わる。1勝できるかどうかの意義は大きいし、勝たなければならない、というプレッシャーが強くある試合で勝つ事の価値はとても大きい。そして、成長というのは、そういう試合をいくつ戦ったのか、または、そういう試合でいくつ勝利できたのか、という事が大きな差になってくる。彼らはその成長のチャンスを得られた選手たちであるのだから、そのチャンスを無駄にしないよう、100%で戦ってもらいたい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/08/09 11:45】 | リオデジャネイロ五輪 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<スウェーデン戦(Uー23) 【 総括的には成功したと言えるのではないだろうか。 】 | ホーム | コロンビア戦(Uー23) 【 我慢しきれない対応や戦い方をしてしまわない事。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3597-7dec5f2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |