リオデジャネイロ五輪選手評価。 【 興梠慎三。浅野拓磨。鈴木武蔵。中島翔哉。南野拓実。矢島慎也。原川力。大島僚太。 】
GK 櫛引政敏 中村航輔
DF 植田直通 岩波拓也 塩谷司
DF 室屋成 亀川諒史 藤春廣輝
MF 遠藤航 原川力 大島僚太 井手口陽介
MF 矢島慎也 中島翔哉 南野拓実
FW 浅野拓磨 興梠慎三 鈴木武蔵

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
興梠慎三

地味な存在ではあったが、より起点力のあるFWをOA枠で、という部分では、きちんと役割を果たせていたと思う。ナイジェリア戦ではPKもきちんと決めた。また、OA枠の3人の中では、最も融合できていた選手だと思う。ただ、攻撃を牽引できていた、という程ではなく、やはり、OA枠の選手としては少し物足りなかった。


浅野拓磨

ナイジェリア戦で1つ、コロンビア戦で1つ、インパクトのある得点を2つ決めた。それから、スウェーデン戦でも、相手を置き去りにできるスピードを見せた。従って、個としては、世界に存在をアピールできたと思う。これからアーセナルに移籍するが、そこで更に経験と個の力を伸ばし、今度はフル代表での活躍に期待したい。


鈴木武蔵

久保が直前で招集不可能になり、急きょ、バックアップメンバーからの出場となったが、しっかりメンタル面でもフィジカル面でも準備ができていた。ナイジェリア戦では良い得点も決めたし、スウェーデン戦も悪くないパフォーマンスだった。身体能力の高さに依存し過ぎず、テクニックなどをしっかりと高めていってもらいたい。


中島翔哉

コロンビア戦の得点は素晴らしかった。7得点を奪った今回の五輪チームの攻撃の中心的存在である事を証明できたと思うし、Uー23選手権の大会MVPになった実力も証明できたと思う。海外クラブへ移籍する事も含め、試合に出場できるクラブへ移籍してもらいたい。更に経験を積んで個の力を伸ばせばフル代表もあると思う。


南野拓実

Uー23選手権でのパフォーマンスは期待通りではなかったが、リオ五輪では個の力の高さを示した。相手のDFラインの裏への抜け出しの良さや足元のテクニックの高さを証明できていた。ナイジェリア戦の得点は見事だった。もう少し守備力とスタミナ面やフィジカル面のタフさが身に付けば、ロシアW杯も可能性はあると思う。


矢島慎也

中島や南野と比べてパンチ力は無いが、そのパフォーマンスは攻守に安定しており、SHを矢島と中島と南野の3人で構成できた事は、今回の五輪代表のストロングポイントだったと思う。途中出場で決めたスウェーデン戦の得点は値千金だった。課題としては、スタミナ面やフィジカル面のタフさ。もう少しパワーが必要だと思う。


原川力

ナイジェリア戦だけの出場で、しかも「4-1-4-1」の時にしか出番を与えられなかったので、やや残念な起用のされ方だった。五輪出場の立役者の一人でもあり、Uー23選手権では「4-4-2」のダブルボランチの一枚として、大島や井手口よりも高いパフォーマンスを発揮していたので、出場時間の少なさが残念だった。


大島僚太

正直、厳しいのではないかと思っていたのだが、攻撃面のパフォーマンスはナイジェリア戦から良く、コロンビア戦でもスウェーデン戦でも、攻撃面では高いパフォーマンスを発揮した。個の力を世界にアピールできた一人だったと思う。既にフル代表にも招集された事はあるが、今回の活躍で、また招集される可能性もあるかなと。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/08/12 11:45】 | リオデジャネイロ五輪 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<リオデジャネイロ五輪選手評価。 【 井手口陽介。遠藤航。藤春廣輝。室屋成。亀川諒史。植田直通。塩谷司。櫛引政敏。中村航輔。 】 | ホーム | スウェーデン戦(Uー23) 【 総括的には成功したと言えるのではないだろうか。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3599-a6249fcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |