清武弘嗣とセビージャについて。
ハイプレス&ポゼッションのサッカーは完成するまでに多くの時間が必要となる。また、時間をかければ必ず完成するわけでもない。そのサッカーに適した高い個の能力を持つ選手を最低でも11人は揃える必要がある。更に言えば、ハイプレス&ポゼッションのサッカーを機能させるにあたり、ハイプレスの方の依存度を高くすれば、フィジカル・コンディションの不良や怪我人が続出する事態にもなりかねない。

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
それだけではなく、今季のセビージャは多くの選手が入れ替わっており、戦術とは違う部分で、まだ個々の選手の連携も確立されていない。もちろん、スーパーカップやスーペルコパで戦った相手はレアル・マドリードでありバルセロナであったから、という事は大きかったと思う。しかし、開幕が目前に迫っている状況を考えると、やはり楽観視する事は難しい。開幕からの3試合で結果がどうなるかに注目したい。

そして、なぜセビージャに注目するのかと言えば、それはやはり清武が加入したからで、今の感じであると、出場機会が無い、という状態にはならなそうではある。なぜならば、最もポジション争いでライバルになりそうなガンソのパフォーマンスがあまり良くないのと、ビエルサ系のサンパオリのサッカーにも清武なら適応できそうであるから。しかし、ビエルサ系のサッカーに清武であると、1つ心配な事はある。

それはやはり、怪我、という事。運動量的にもフィジカル・コンタクト的にもハードさを求められると思うが、清武は怪我がちな選手であるだけに、どうしてもそこが心配になってしまう。当然、清武は日本代表、ロシアW杯アジア最終予選のメンバーにも選ばれると思うので、日程が厳しくなってきた時にどうか。そういう意味では、フィジカル・コンディションをどれだけ良好に保てるのかが最重要になると思う。

それから、個人的には、守備力の高いチームでの清武を見てみたい、という事があるのだが、監督がサンパオリになり、昨季までとは違うハイプレス&ポゼッションのサッカーを目指すにおいて、また守備力の低いチームでのプレイになってもらいたくない、という願いもある。そうなってしまうと、またニュルンベルク時代やハノーファー時代と同じになってしまう可能性がある。さすがに残留争いは無いと思うが・・・。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/08/19 14:14】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 乾貴士 】 攻守において欠かせない選手になれるかどうか。 【 デポルティーボ・ラ・コルーニャ vs エイバル 】 | ホーム | 【 清武弘嗣 】 どれだけ連携を高められるかが鍵になると思う。 【 セビージャ vs バルセロナ 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3603-acd880f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |