【 清武弘嗣 】 1ゴール1アシストの活躍。多くのアシストや得点に期待できそう。 【 セビージャ vs エスパニョール 】
試合 :リーガ・エスパニョーラ 第1節
開催日:2016年8月20日
結果 :セビージャ勝利
スコア:「6-4」
得点者:ピアッティ サラビア ビエット ペレス サンチェス ビエット バスケス イェデル 清武弘嗣

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 セビージャ 】

FW ビエット ベン・イェデル
MF サラビア バスケス 清武弘嗣
MF エンゾンジ
DF ビトロ メルカード パレハ マリアーノ
GK セルヒオ・リコ

FW バスケス コレア
MF サラビア エンゾンジ 清武弘嗣
MF イボーラ
DF ビトロ メルカード ゴンザレス マリアーノ
GK セルヒオ・リコ


いきなり、期待通りというのか予想通りというのか、というサンパオリ監督のサッカーと試合になったが、とりあえずは、どちらのチームも決定力が高かった、という印象だった。基本は「4-1-3-2」だったと思うが、攻撃の時には1ボランチ+2CBの3枚を残して7枚が高い位置を取る、という極端なハイプレス&ポゼッションのサッカーで、4失点はしたが6得点を奪ったセビージャが打ち合いを制して勝利を収めた。

攻撃については、これだけ常に前に人数をかけていれば、というところだが、この試合は決定力が高かったのと、今季のエスパニョールの守備力がどれぐらいなのか、という事がまだわからないので、これが、今季のセビージャがシーズン通して発揮できる攻撃力(得点力)なのかどうかはわからない。しかし、思った以上に連携力は高くなっていたし、フランコ・バスケスのパフォーマンスが高かったので、期待感はやはりある。

守備については、1失点とか2失点ぐらいは仕方ない、という感じの戦い方なのだが、当然、前に重心を置いている、という事は、カウンター、特にビルドアップのところでボールを奪われてカウンターを受けると十中八九で失点になると思うので、それをいかに少なくするのか、という部分だと思う。いかにビルドアップから高い位置のSBへ早くボールを繋ぐのか、そして、大きなサイドチェンジ、という事が鍵になると思う。

清武については、CKから1アシスト、また、バスケスからのアシストで、この試合の6点目となる得点を決めて1ゴール、つまり、1ゴール1アシスト、という結果だった。ポジションも、右SHではあったが中央寄りだったのでプレイしやすかったと思うし、攻撃の方法も、人数をかけた連携による崩しが主なのでプレイしやすいと思う。そういう意味では、ドイツの時よりも多くのアシストや得点が期待できるかもしれない。

トップ下のポジションというのは、バスケスのパフォーマンスが高かったので難しいかもしれないが、あるいは、そこにはフィジカルが強く守備力の高いハードワーカーを起用する可能性もあるので難しいかもしれないが、ビエルサ系のサンパオリ監督のサッカーにおいては、やはりガンソよりも清武の方が適していると思うから、この試合の感じだとスタメン出場が続くのではないだろうか。怪我さえしなければ大丈夫だと思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/08/23 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 本田圭佑 】 昨季と変わらないミラン。本田は出場無し。 【 ミラン vs トリノ 】 | ホーム | 【 岡崎慎司 】 レスターには岡崎とオルブライトンの守備力が欠かせない。 【 レスター vs アーセナル 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3606-36bfe8a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |