今季のボルシア・ドルトムントについて。
FW オーバメヤン
MF シュールレ 香川 カストロ
MF ヴァイグル ロデ
DF ゲレイロ バルトラ ソクラテス ピシュチェク
GK ブルキ

FW ラモス
MF ロイス ゲッツェ デンベレ(モル)
MF シャヒン ベンダー
DF シュメルツァー ???? ???? ギンター
GK ヴァイデンフェラー

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
個人的には、こんな感じ。基本は「4-2-3-1」だが、どちらかと言えば、シュールレ(ロイス)とオーバメヤン(ラモス)が2トップのような感じで、香川(ゲッツェ)とカストロ(デンベレもしくはモル)が2列目、ヴァイグル(シャヒン)とロデ(ベンダー)が3列目、という感じ。もう少しデンベレとモルのパフォーマンスが良ければ、カストロを3列目にしてベンダーをCBにして、という感じなのだが。

FW オーバメヤン
MF シュールレ 香川 プリシッチ
MF ヴァイグル カストロ
DF ゲレイロ バルトラ ソクラテス ピシュチェク
GK ブルキ

FW ラモス
MF ロイス ゲッツェ デンベレ(モル)
MF シャヒン ロデ
DF シュメルツァー ベンダー ???? ギンター
GK ヴァイデンフェラー

ただ、プリシッチは割りと良かったと思うので、上記のように考えるのも有りだと思う。つまりは、デンベレ、モル、プリシッチ、その3人の誰かが良ければカストロはボランチで、誰も良くなければカストロは右SHで使い、ロデかベンダーをボランチで、という感じ。それから、ラモス、ロイス、ゲッツェ、シュールレ、香川、という選手たちが右SHで使えれば、という感じだが、今のところその可能性は不明確。

しかし、トップ下の香川もしくはゲッツェは、どちらかと言えば左サイド寄りでプレイすると思うから、それで2列目の右にボランチの1枚が上がると守備面が心配になるので、それを考えると右SHにカストロを置いて中央寄りでプレイさせる、その後ろにロデやベンダーがいるようにする、という形の方が良いような気もするし、左SHとの攻守のバランスを考えても、右SHはカストロの方が良いような気がする。

FW オーバメヤン
MF ゲッツェ 香川 カストロ
MF ヴァイグル ロデ
DF ゲレイロ バルトラ ソクラテス ピシュチェク
GK ブルキ

ちなみに、ゲッツェと香川のパフォーマンスがロイスやシュールレよりも良ければ、という事ではあるが、上記のような布陣も有りだと思う。更には、もしそこにロデではなくシャヒンを入れる事ができたら、ポゼッション型の攻撃が最も機能するのではないかと思う。あとは、ドルトムントについて言えば、やはり今季もCBのところが戦力的に不安で、そこをどうやり繰りしていくのか、という事も鍵になると思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/08/25 11:46】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<W杯最終予選のUAE戦とタイ戦のメンバーについて。 | ホーム | 【 本田圭佑 】 昨季と変わらないミラン。本田は出場無し。 【 ミラン vs トリノ 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3608-140f8768
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |