タイ戦 【 2割の期待、8割の不安、という印象しか抱けなかった。 】
試合 :ロシアW杯アジア最終予選 第2戦
開催日:2016年9月6日
結果 :日本代表勝利
スコア:「0-2」
得点者:原口元気 浅野拓磨

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          浅野拓磨
MF  原口元気    香川真司    本田圭佑
MF       長谷部誠  山口蛍
DF  酒井高徳 森重真人  吉田麻也 酒井宏樹
GK          西川周作

FW          武藤嘉紀
MF 宇佐美貴史    香川真司    小林悠
MF       長谷部誠  山口蛍
DF  酒井高徳 森重真人  吉田麻也 酒井宏樹
GK          西川周作


ミスが多い。とにかくミスが多い。ピッチ状態などの環境がどれだけ影響を与えていたのか、そこは正確にはわからないが、攻守のあらゆるプレイにおいて、あまりにもミスが多かった。そのせいもあって、攻撃も守備もバタバタしていて、とてもぎこちない。UAE戦よりは幅を取る攻撃ができていたが、それでも相変わらず選手が重なってしまうシーンも多かったし、ミスから危険なカウンターを受けそうになり、ミスから更にピンチに陥りそうになり、ミスから試合のコントロールを失いそうになっていた。

相手の悪さ、相手の弱さ、それに助けられているようでは先に進めない。これぐらいのプレッシャーで厳しさを強く感じているようでは先が望めない。やはり、所属クラブにおいて、試合に出場できていない選手は、試合に出場できるチームに行ってもらいたいし、出場できている選手も、もっとフィジカル的にもメンタル的にもタフになってもらわないと厳しい。それから、個の力として、テクニック的にも力不足。条件付きの強さ、条件付きのパフォーマンスの良さ、そこから脱却しないと日本は成長しない。

もちろん、これからに対するプラスもあった。浅野はUAE戦でも本当ならば1得点していたが、この試合でも1得点し、これで岡崎をトップ下のような位置で使ったレスター式の「4-4-1-1」の可能性も大きくなったと思う。また、原口と山口のパフォーマンスが予想していたよりは良かった事も、やはりプラス材料にはなったと思う。しかし、UAE戦に引き続き、このタイ戦の内容を観る限りでは、2割の期待、8割の不安、という印象しか抱けなかった。日本の下手さを痛感するような試合だった。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/09/07 11:45】 | ハリルジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<タイ戦選手評価 【 浅野拓磨。香川真司。原口元気。本田圭佑。山口蛍。長谷部誠。 】 | ホーム | それはやはり個の力の強さに起因している。>>
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2016/09/08 20:50】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3621-cdbcdafa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |