現在の「4-2-3-1」はマンネリ感があって停滞している。
FW           岡崎慎司
MF      香川真司      本田圭佑
MF 長友佑都   山口蛍   長谷部誠   酒井高徳
DF      槙野智章 吉田麻也 森重真人
GK           西川周作

FW           浅野拓磨
MF     宇佐美貴史      清武弘嗣
MF 原口元気   柏木陽介  遠藤航    武藤嘉紀
DF      丸山祐市 植田直通 昌子源
GK           東口順昭

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
これからの日本代表について、レスター式の「4-4-2」と、
もう1つ候補にあると思うのは、上記のような「3-4-2-1」。
この「3-4-2-1」をベースとしながら、

FW           岡崎慎司
MF   香川真司            本田圭佑
MF        山口蛍   長谷部誠
DF 長友佑都 槙野智章 吉田麻也 森重真人 酒井高徳
GK           西川周作

FW           浅野拓磨
MF  宇佐美貴史            清武弘嗣
MF        柏木陽介  遠藤航
DF 原口元気 丸山祐市 植田直通 昌子源  武藤嘉紀
GK           東口順昭

上記のような「5-4-1」になったり、あるいは、

FW           岡崎慎司
MF           本田圭佑
MF 長友佑都 香川真司 山口蛍  長谷部誠 酒井高徳
DF      槙野智章 吉田麻也 森重真人
GK           西川周作

FW           浅野拓磨
MF          宇佐美貴史
MF 原口元気 柏木陽介 遠藤航  清武弘嗣 武藤嘉紀
DF      丸山祐市 植田直通 昌子源
GK           東口順昭

上記のような「3-5-1-1」あるいは「3-5-2」になったり、というシステム。

FW           岡崎慎司
MF      香川真司      本田圭佑
MF 長友佑都   山口蛍   長谷部誠   酒井高徳
DF      槙野智章 吉田麻也 森重真人
GK           西川周作

FW           浅野拓磨
MF     宇佐美貴史      清武弘嗣
MF 原口元気   柏木陽介  遠藤航    武藤嘉紀
DF      丸山祐市 植田直通 昌子源
GK           東口順昭

現在の日本の戦力を考えると、「4-4-2」だけではなく「3-4-2-1」が、
割にしっくりと当て嵌まる。

印象として、現在の「4-2-3-1」はマンネリ感があって停滞しているし、UAE戦とタイ戦で生まれた重苦しい雰囲気を変えるためにも、それを仕切り直して切り替えるためにも、新たなチャレンジをする、という事は良い方法だと思っていて、メンバーを一新する、というのは難しいから、そういう場合にはシステムを変えてみるのが一番だと思う。香川がダメだとか本田がダメだとか、そういうダメ出しよりも、ポジティブなモチベーションを出すにはどうすれば良いのか、という事が重要だと思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/09/10 11:45】 | ハリルジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<【 本田圭佑 】 途中出場で攻撃を活性化させ決定機は作った。 【 ミラン vs ウディネーゼ 】 | ホーム | タイ戦選手評価 【 酒井高徳。酒井宏樹。森重真人。吉田麻也。西川周作。武藤嘉紀。宇佐美貴史。小林悠。 】>>
コメント
代表のシステムで、3-4-2-1は凄く斬新ですね。加茂周さん以来あんまり聞かないですよね?3バックを代表でやるには、CBに、身体能力の高さ、対人守備能力の高さやスピードなどを兼ね合わされた選手が必要だし、ウイングの高い運動量、ボランチの危機察知能力やカバーリング。これらハイレベルの能力を持った選手が必要になります。世界で通用するCBが少ない日本ではかなり難しいのではないでしょうか。若い世代の延びしろに期待はしますが。
【2016/09/14 12:52】 URL | #SFo5/nok[ 編集] | page top↑
ザックの時343が使い物にならなかったのですが3421ならスムーズに移行出来るのでしょうか?日本がなかなか4231以外トライ出来ないのは時間が足りないからですか?ハリルが4231に固執しているのはなぜでしょう?ハリルはアルジェリア代表の監督時代どのような戦術だったのでしょうか?ハリルが戦術的に柔軟性があったとしても日本代表が能力的に適応出来ないだけでしょうか?
【2016/09/11 13:57】 URL | #-[ 編集] | page top↑
3421はいいでしょうね。
サイドが中に入ってきて中央が窮屈になる問題も今の4231に比べて
トップ下が居なくなることで緩和されます。

4231はどうしてもトップ下が中央のスペースの無いところで「死に駒」になりやすく、現にヨーロッパでも引いた相手と多く戦うことが多いチームにおいて機能しているところは殆ど無いと思う。それならば中盤やディフェンスラインに人を回して守備やポゼッションの安定に回した方が合理的と感じる。
【2016/09/11 13:35】 URL | アルプス #-[ 編集] | page top↑
現状の日本人の人材、戦力やJリーグを見ても3バックのチームが結果を出している時点でゾーンディフェンスをろくにできない日本には合っているのは確かだと思いますが、問題はクラブと違って代表はろくに戦術練習ができない所ですね、その解決方法としてはやはりJにビッグクラブを作ることじゃないでしょうか?スペインやドイツもそうですし、イタリアのユーベみたいにバックラインだけでもそのまま代表に組み込めるようなユニットを作っておくのが代表を強くする一番の近道だと思います。
【2016/09/10 18:50】 URL | #-[ 編集] | page top↑
日本代表には3-4-2-1が適してると管理人さんはかなり前からおっしゃっていて、その時と比べてメンバーも多少変わっているが、それでもしっくり来るということは、本当に日本代表のメンバーに適してると感じました。
Jリーグを代表する浦和や広島でも使用されてることからJリーグのメンバーがすんなり代表に馴染めるメリットも見逃せないかと思いました
【2016/09/10 17:33】 URL | koan #-[ 編集] | page top↑
・サイドバックが攻撃的。(攻撃負担が大きい)
・トップ下タイプを中央に二人置ける。(近い距離感を好むトップ下タイプが多い)。
・1トップは比較的シンプルな仕事に専念できる。(裏抜けの浅野。南野や久保も候補に?)。
・CBのリスクが減る。(=ビルドアップにも余裕が生まれる?)

やはりどう考えても3421は日本のためにあるかのようなシステムなんですよね(賛否両論あるのも勿論わかりますが)。

正直言うと、これ以上のレベルに進むには、どうしても少ない人数でフィニッシュに持ち込めるような攻撃の仕方を完成する必要があるので、3人、もっというと2人で攻撃する361(3ボランチ)でもいいかもしれません。

どちらにせよ、宇佐美はST気味にプレイしたほうが能力を発揮できる気がしますし、ハリルが中央とサイドどっちで使うか悩ませてる原口にも同じことが言えると思います。本田もそうですね。

ただ、それでも結局は個の状況打開力が大会ではモノをいうので、日本の場合はなにか突発的な理由でインテンシティが発揮される状況が起きないと、いい成績というのは生まれないんじゃないかな、と思います。
(自国開催の2002年、窮地から奇跡的に立ち直った2010年を例に)
【2016/09/10 14:21】 URL | 中堅読者 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3624-26a67c39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |