ザックジャパンの「3-4-3」から考える「3-4-2-1」。
「3-4-2-1」の使用にも不安要素はある。それはザックジャパンの時に「3-4-3」が機能しなかった事。もっと厳密に言えば、ザックジャパンの時にも、ほんの短い時間だが、途中から香川と本田を「2」の位置に置いた「3-4-2-1」を使用した事があって、その時は機能しなかった。しかし、更に厳密に言えば、本田をトップ下に置いた「3-4-1-2」も使用した事があって、その時は機能した。

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
ザックジャパンの「3-4-3」が機能しなかった原因は、ザックはこのシステムを攻撃的になるためのオプションだと言っていて、「3-4」で作るブロックを高い位置に上げてハイプレスをしろ、と選手には指示を出していたのだが、実際には前の3枚のところでプレスがかからず、そうなると「3-4」の守備ブロックは下がらざるを得なくなるから、下げないと簡単に裏を取られてしまうから、という事が1つ。

但し、もしザックジャパンの「3-4-3」が守備的になるためのオプションだったとしたら、つまりは「3-4-3」ではなく「5-4-1」だったのだとしたら、実は機能していたとも言える。当時の香川も、どこかの番組のインタビューで、ザックジャパンの「3-4-3」について、カウンター仕様だと思う、と言っていた。結局は、本当はどっちだったのか謎のままなのだが、攻撃が機能しなかったのは確か。

そして、攻撃が機能しなかった原因は、ウイングとウイングバックが重なってしまう、という事が1つ。ザックの意図としては、サイドにウイングとウイングバックが常に存在して、そこで常に数的優位を作ってサイド攻撃を強化、という事だったのだが、実際のところはウイングがウイングバックの蓋になったりして機能しなかった。または逆に、2つ前の項に書いた理由で、ウイングが孤立した、という時もあった。

それから、原因の2つには、中央の前での起点役がCFだけになってしまい、そもそも上手くサイドにボールを配給できなかった、という事。中央の前での起点役を増やすためには、ダブルボランチの1枚が上がらなければならず、しかしそうすると、ウイングもウイングバックもサイドにいるから、中央の広大なスペースの守備を残った1枚のボランチだけで担わなければならなくなるので、やはりそれは無理だった。

ザックとしては、攻撃的になるためのオプションなのでそれでも良い、という事だったのかもしれないが、それが原因でこちらが攻める間もなく相手に攻められまくったら意味が無くなってしまうので無理だった。そして、その解決策として、本田をトップ下に置いた「3-4-1-2」にした時があって、それは機能したのだが、それはザックの求めたものとは違う、という事だったのか、その後は採用されなかった。

では、「ほんの短い時間だが、途中から香川と本田を「2」の位置に置いた「3-4-2-1」を使用した事があって、その時は機能しなかった。」、原因は何だろうか。ところが、「ほんの短い時間」だったので、それがよくわからない。香川と本田がきちんとボールを収められなかった、というのが機能しなかった主な原因なのだが、それはシステム的な問題ではないので、「3-4-2-1」が云々とは言えない。

従って、もう一度「3-4-2-1」を試してもらいたい、しかも、「3-4-3」に近い「3-4-2-1」ではなく、「5-4-1」や「5-3-1-1」もしくは「5-3-2」に近い「3-4-2-1」でやってもらいたい、というのが個人的に思っているところ。やはり、システムだけで言えば、今の日本は「4-2-3-1」よりも「4-4-2」や「3-4-2-1」の方がしっくりくる感じがあるので。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/09/13 11:45】 | ハリルジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<本田が中央へ入る事は絶対悪ではないと思う。 | ホーム | 【 本田圭佑 】 途中出場で攻撃を活性化させ決定機は作った。 【 ミラン vs ウディネーゼ 】>>
コメント
初めまして、いつも興味深く拝見させて頂いております。
日本代表で3421は機能するかどうかという点ですが、2の部分の選手がシャドーストライカーと攻撃的なMFの選手という組み合わせのような、被りの無い形なら機能するのではないかと思います。
例えば前回のメンバーなら、浅野や小林と清武や本田のような組み合わせでしょうか。

ただ、個人的には日本人FWはやはり2トップに近い方が活躍できると思うので、以前にも話題に上がっていた旧インテルのマッツァーリが使っていた3511(33211)や352(3322)の方が上手く行くのではないかと思います。

私も4231という形に拘るより、守備面と攻撃面を考える際に3バック+2トップという所から、残りの選手配置はどういった形にすべきかを模索するのが、日本代表の一つの方向性なのかなと最近は感じております。
世界的にも3バックが戦術的に再興してきてるので、決して古いシステムでもないですしね。
【2016/09/15 00:49】 URL | JohnT #Py4afr/E[ 編集] | page top↑
いつも楽しく拝読させていただいております。
 
こういうのは難しいでしょうか?
 
   武藤(小林)
          岡崎(浅野)

宇佐美(香川)          清武(原口)

   本田(柏木・大島)長谷部(山口)

長友(太田)           W酒井

   植田(槇野)  吉田(森重)

        西川

【2016/09/13 18:56】 URL | S.King #mronIbGo[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3626-dc2f40b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |