香川がどうすれば活躍できるのかは答えが出ていると思う。
トップ下の香川が活躍できる試合というのは、1つのハッキリした傾向があって、それは相手のバイタルエリアの守備が緩い試合。相手が強豪チームであっても、バイタルエリアの守備が弱ければ香川は活躍する。しかし、大概の場合は、強豪チームはそうではないチームよりもバイタルエリアの守備が強いので、香川は強豪ではないチームとの試合の方が活躍する。そして、その傾向はずっと変わってないと言える。

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
よく香川について、使われる側の選手だから、とか、バイタルエリアにいる香川に質のある縦パスを入れられる選手がいないと、という事を言われていたりするが、それは違うと思っている。よく見られのは、香川に縦パスを入れる→ボールを奪われてしまう、あるいは、すぐにバックパス→だから香川に縦パスを入れなくなる→それでも香川が要求するので香川に縦パスを入れてみる→やはりダメ、というパターン。

それから、スペースメイキングしたり、中盤の低い位置で攻撃を組み立てをしたり、そういうプレイで香川が活躍する場合もあって、当然、そういうプレイは周囲を活かすためのプレイであるから、使う側のプレイであるから、香川は必ずしも使われる側の選手、周囲に活かされるタイプの選手である、とは言えない。むしろ香川は、使う側の選手になった方が活躍できる場合が多いし、その傾向は強くなってもいる。

従って、香川と縦パスの関係というのは、バイタルエリアにいる香川に質のある縦パスを入れられる選手がいるいないよりも、相手のバイタルエリアの守備の強弱と香川の縦パスを受ける能力の方が要素としては大きいし、もし相手のバイタルエリアでボールを受けてプレイするのが難しければ、スペースメイキングしたり、中盤の低い位置で攻撃を組み立てたり、という方のプレイをすれば香川は活躍できると思う。

多くの場合、バイタルエリアでボールを受ける、という事に拘りすぎている時の香川は活躍しない。それは、香川が自分で拘りすぎている場合と、監督からのオーダーでそうなっている場合と、2つのパターンがあるが、どちらにしてもそう。そして、そういう状態に陥らなかったのがアギーレジャパンの時であり、ドルトムントであっても「4-1-2-3」の「2」でプレイしていた時。それが答えであると思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/09/15 11:47】 | ハリルジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<何が問題だったのか。形としての問題と、しかし、大前提としての個の力。 | ホーム | 本田が中央へ入る事は絶対悪ではないと思う。>>
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2016/09/17 19:28】 | #[ 編集] | page top↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2016/09/17 13:36】 | #[ 編集] | page top↑
確かに私もその方が活躍すると思いますし、だからバイタルに拘るの止めてほしいですし、監督にも香川をバイタルに縛るの止めてほしいと、よく思います。
ただ、監督としてもきっと、味方を使う側の選手として活躍するのは、セントラルハーフの人がやればいいじゃん、という思いがあるように思います。使う側の選手として活躍出来るのはわかるけど、それは香川より後ろのポジションの人にやってほしいな、と。アギーレはそのあたり柔軟に、香川を少し後ろめのポジションにしてましたけど、真ん中長谷部だけで守備大丈夫かという感じがあって。
差し引きすると、香川はバイタルで活躍してもらわなきゃ困るということになり、じゃなきゃ要らないってことになるかと。
そうなると、香川も生き残るためにバイタルに拘ると、、、フィールドに香川を入れるとそのようなループに陥りそうです。

相手が前に出てくる展開以外では香川は使わない、とかじゃダメなんですかね。
もしくはもっと香川を囮にできないんですかね。
【2016/09/16 11:34】 URL | henchikuririn #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3628-a6b3984e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |