何が問題だったのか。形としての問題と、しかし、大前提としての個の力。
FW 清武   岡崎   本田
MF      香川
MF    長谷  大島
DF 高徳 森重  吉田 宏樹
GK      西川

FW 清武   岡崎   本田
MF    香川  大島
MF      長谷
DF 高徳 森重  吉田 宏樹
GK      西川

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
上図の下の形ならば、ワンタッチパスやショートパスを多用するサッカーでも、本田や清武は中へ入らなくてもそれができると思うのだが、やはり上図の上の形だと、ワンタッチパスやショートパスを多用するサッカーをしたいと思ったら、選手同士の距離間を縮めるために、本田や清武は中へ入ろうとする。本田と清武はサイドアタッカータイプの選手ではないので、特にそうなってしまう。

FW 清武   岡崎   宏樹
MF    香川  本田
MF    長谷  大島
DF 高徳 森重  吉田
GK      西川

FW 清武 岡崎  本田 宏樹
MF    香川  大島
MF      長谷
DF 高徳 森重  吉田
GK      西川

ただ、本田が中へ入ろうと、中へ居座ろうと、上図の2つの形になっていれば、形としては問題無い。特に、相手が重心の低いサッカーをしていて、その相手から得点を奪わなければならない、という事になれば、これぐらいは前に人数をかける必要もある。しかし、この形をやる場合には、上図に示した通り、酒井宏樹が常に高い位置に張っている必要があるし、その時の守りは、大島が右SBの位置をカバーするか、高徳、森重、吉田、という3バックになっておく必要がある。

FW 高徳   岡崎   宏樹
MF   清武 香川 本田
MF    長谷  大島
DF    森重  吉田
GK      西川

FW 高徳 岡崎  本田 宏樹
MF   清武 香川 大島
MF      長谷
DF    森重  吉田
GK      西川

また、そういう意味では、攻撃の事だけを考えれば、酒井宏樹と酒井高徳が常に高い位置に張って、という、上図の形になっても良い。しかし、いかに対アジアの格下であっても、やはりここまでやると守備が厳しい。そこまで日本のハイプレス&ポゼッションの力は高くないし、CBやGKの個の力も2バックで守れるほど高くない。フィジカル・コンディションが悪いならば尚更そうなる。

FW 清武   岡崎   宏樹
MF    香川  本田
MF    長谷  大島
DF 高徳 森重  吉田
GK      西川

FW 清武 岡崎  本田 宏樹
MF    香川  大島
MF      長谷
DF 高徳 森重  吉田
GK      西川

従って、攻撃的に戦うにしても、今の日本の実力、特に今の日本の守備力では、上図に示した形ぐらいが限界であると思う。そして、そうなると、本田が中に入って酒井宏樹が高い位置を取るならば清武は中に入らずサイドの高い位置を取る、あるいは、清武が中に入って酒井高徳が高い位置を取るならば本田は中に入らずサイドの高い位置を取る、という、どちらかをやらないと機能しない。

ただ、1つ言える事は、形としてはきちんとできていても、横幅を広く使う、という事を選手が意識してやらなかったらそれはできないし、1つ1つのプレイに質を欠いたり、決定力が低かったり、つまり、個の力が低ければ、個のパフォーマンスが低ければ、やはり得点は奪えない。それは守備についても同じ。ミスを連発するようでは、形がどうこうの問題ではない。やはりそこは大前提。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/09/16 11:46】 | ハリルジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<【 本田圭佑 】 流れ的に本田を使うタイミングが無かった。 【 サンプドリア vs ミラン 】 | ホーム | 香川がどうすれば活躍できるのかは答えが出ていると思う。>>
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2016/09/17 18:22】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3629-49b9355c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |