岡崎はミドルシュートをガンガン打つべき。
そもそもとして、ヴァーディよりも得点力で劣るから他の仕事で、という事になったわけだし、おそらくは、得点力という部分で言えば、岡崎よりもウジョアの方があると思う。従って、そこに対してショックを受けるというのは、ハッキリ言って今更感が強い。それから、高さが有効だと思う相手には高さを、格下だと思う相手には守備力よりも攻撃力を、というのは普通の考え方で、それ以下もそれ以上も無い。

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
日本代表にしても、高さが有効だと思う相手に、なぜ岡崎ではなくハーフナーを使わないのか、または、なぜ岡崎ではなく本田をCFで使わないのか、という事もあるし、実際のところUAEは格下ではなかったが、それでも、山口ではなく大島を使った判断が間違っていたとは今も思わない。大島のパフォーマンスが想定していたものよりも低かっただけで、しかも、そうなる事を予想するのは難しい状況だった。

従って、スリマニが加入して活躍したとしても、岡崎のやるべき事は大きく変わらない、変えるべきではない、変わらない、と思う。運動量を多く、献身的に守備をする。それが岡崎の最大の武器であり、それがプレミアやレスターでプレイし続けるための道だと思う。そして、そこは維持しつつ、変えず、いかに得点力を上げるのか、という事が残されているチャレンジで、実は代表でもそれは同じであると思う。

高さ、走るスピード、そういう身体能力で得点を増やすのは難しい。また、動き出しの良さを持つ岡崎だが、FWの一番手の立場、あるいは、最前線に立つCFでなければ、その動き出しにパスを期待するのも難しい。そうなってくると、ポジショニング、テクニック、それを高めて得点を奪うしかない。ラニエリがどうであろうと、自分が決められると思ったならば、ミドルシュートはガンガン打つべきだと思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/09/19 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<岡崎は38試合で10得点で良い。つまり昨季から5得点増やすだけで良い。 | ホーム | 【 清武弘嗣 】 魔法をかけた1アシスト。しかし課題も見えた試合だった。 【 エイバル vs セビージャ 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3632-36641102
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |