あえて香川を活かすなら? ポイントは3つ。
ポイント1 FWはポストプレイヤーである事。

とにかく香川は前を向いた状態ではないと、あまり良いプレイができない。FWがポストプレイヤーではなく、香川がポストプレイヤーの代わりのようなプレイをしなければならなくなると、つまり、相手ゴールに背を向けてのプレイが多くなると、あまり良いプレイができなくなる。そういうプレイでも良いプレイができるように、フィジカルを強くしたり、ターンして前を向いたり、足の裏で後ろにボールを引いて抜いたり、という事をやってきたが、結果としては、あまり進展が見られていない。

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
やはり、そういう方向性へ進むよりも、香川は幅広く動いてディフェンスから逃げながら、ここぞというタイミングでバイタルエリアやゴール前に前を向いて入り、そして、質の高いラストパス、あるいは、しなやかな動きで相手をかわしてシュート、というプレイをした方が良い。そういう意味では、FWがポストプレイヤーであれば、前を向ける回数が多くなるだけではなく、シャドウ的な動きもより効果的になるので、より香川が活きてくる。実際ハーフナーと香川の組み合わせは悪くなかった。


ポイント2 ポジションを1つ下げるのも良い。

前を向いた状態を増やす方法としては、もう1つ、ポジションを1つ下げる、という手もある。イメージとしては、南アフリカW杯の時の遠藤保仁のような感じ。ダブルボランチの1枚としては厳しいかもしれないが、アンカーとバランサーと組み合わせたトリプルボランチの1枚としてならば問題無いと思う。特にトリプルボランチの左は香川のベストポジションだとも言えると思う。不調だった香川が、アギーレジャパンで「4-1-2-3」の「2」の左で使われて復調した、という実例もある。

そうすれば、香川のもう1つの武器である展開力が活かせるし、そのうえで、FWにポストプレイヤーを置き、サイドに縦への推進力のある選手を置けば、クロスからマイナスのパスを香川へ、あるいは、クロスからシャドウの動きで、というパターンも生まれやすくなる。それから、現時点では、遠藤保仁の後継者的な役割を担う選手というのは、柏木であったり、大島であったり、柴崎であったり、まだしっかりと定まってはいないから、そこに香川を、というのは一番しっくりくる可能性もある。


ポイント3 状況によって使い分ける事。

更には、起用法という観点から言えば、強度の高い試合、あるいは、強度の高い時間帯では、香川を起用しない、という事もポイントの1つになると思う。つまり、フィジカル勝負になりそうな試合、守備の時間が圧倒的に長くなりそうな試合では起用しない。あるいは、疲れてきて相手の強度が落ちてから入れる、良い流れになってきてから入れる、という事。やはり、どの選手であっても、持ち味が活きる試合と活きない試合があり、それによって使い分ける事は、起用法という観点からは正しい。

ハッキリ言って、日本には、スペシャルな選手は存在していない。本田にしてもスペシャルなわけではない。従って現実的には、誰か有りき、という戦い方をする事は大きなリスクになる。香川であろうと、本田であろうと、岡崎であろうと、長谷部であろうと、調子が悪い時には起用しない、持ち味が活きないと思われる試合では起用しない、という事はやはり然り。実際その方が選手にとっても大局的にはプラスになる。正解は1つではなく、正解は常に変わる。代表チームは特にそうだと言える。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/09/29 11:45】 | ハリルジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<変えるリスクか。変えないリスクか。しかし何かしらの新しい目に見えるチャレンジはするべきタイミングだと思う。 | ホーム | 日本のサッカーあるいは日本代表が向かうべき先。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3638-87e27adf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |