変えるリスクか。変えないリスクか。しかし何かしらの新しい目に見えるチャレンジはするべきタイミングだと思う。
FW 岡崎慎司 浅野拓磨 武藤嘉紀
FW 原口元気 宇佐美貴史 本田圭佑 小林悠
MF 香川真司 清武弘嗣 大島僚太
MF 長谷部誠 柏木陽介 山口蛍 永木亮太
DF 長友佑都 太田宏介 酒井宏樹 酒井高徳
DF 森重真人 丸山祐市 吉田麻也 植田直通 槙野智章
GK 西川周作 東口順昭 川島永嗣

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
大迫が選ばれなかった理由は、簡単に言えば、活躍し始めたのは最近で、今のところはまだ、これまで選んだきた選手たちの方を信頼している、という事だったと思う。おそらく、UAE戦は結果的に負けたが、本当であれば2得点しての引き分けであったし、タイ戦もスコア「2-0」で勝利したし、決定力に問題はあったが、今までも決定機は数多く作れてきたので、ハリルホジッチとしては、攻撃については大きな問題が無い、と考えているのではないだろうか。そういう感じのコメントだった。

ただ、岡崎、香川、本田、長谷部、という選手たちを全員入れ替えてしまうのは確かにリスクになるし、ハリルジャパンになってからの東アジアカップ、それから、過去の代表を考えても、やはり厳しい試合で良いパフォーマンスを発揮できるのは国内組より海外組、という事もあるから、そこを全員国内組に入れ替えてしまうのもリスクはあるが、大迫を1人だけなら問題無いと思うし、大迫は海外組でもあるから、今であれば宇佐美ではなく大迫を選んだ方が納得感は強かったのではないだろうか。

そして、川島を復帰させた理由は、リーダーあるいはモチベーター的な役割を期待して、という事だったが、どうやらハリルホジッチは、UAE戦のあのゴールにボールが入っていたのに入っていなかったと判定された事に対して、選手たちがその場で大きく審判に抗議しなかった、という事に不満を感じているようだった。更には、大島に対しても、経験のある選手たちがきちんとケアしていなかった、という不満も感じていたようで、どうやらその2つが川島を復帰させた大きな理由のようだった。

後は、永木が初選出され、槙野がまだ怪我明けのリハビリ中なので、引き続き丸山もしくは植田も呼び、CBが5枚の選出になっている、という事と、もしかしたら今回は、大島はトップ下の枠で選手されたのかもしれない、という事ぐらいだと思う。変えるリスクか。変えないリスクか。ハッキリ言ってそこは難しい。結果論でしかないと思う。ただ、前述もしたように、大迫に関しては、やはり呼ぶべきだったと思うし、まだわからないが、いつものメンバーでもシステムは変えた方が良いと思う。

どこかやはり、今の日本代表にはマンネリ感、停滞感というのがあって、それは観る側にだけではなく選手たちにもあるような気がする。そういう意味では、イラク戦とオーストラリア戦の結果がどうなるにしても、先の事を考えると、何かしらの変化、というか、何かしらの新しい目に見えるチャレンジをするべきだと個人的には感じていて、それはやはりシステムなのかなと。それが成功するしないよりも、刺激を与えて活性化させる、という事は必要だと思っていて、その勇気は必要かなと思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/09/30 11:45】 | ハリルジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<日本の選手の決定力を改善するためには外的な要因が必要。 | ホーム | あえて香川を活かすなら? ポイントは3つ。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3639-f93dd13e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |