オーストラリア戦 【 多くの要素が正しかったと思う。勝てる可能性も感じられた。 】
試合 :ロシアW杯アジア最終予選 第4戦
開催日:2016年10月11日
結果 :引き分け
スコア:「1-1」
得点者:原口元気 ジェディナク(PK)

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          本田圭佑
MF  原口元気    香川真司    小林悠
MF       長谷部誠  山口蛍
DF  槙野智章 森重真人  吉田麻也 酒井高徳
GK          西川周作

FW          浅野拓磨
MF  丸山祐市    香川真司    清武弘嗣
MF       長谷部誠  山口蛍
DF  槙野智章 森重真人  吉田麻也 酒井高徳
GK          西川周作


良い試合だったと思う。本田を1トップに置き、左右の高い位置のサイドにはスピードもある選手を置き、香川は3ボランチの左のような感じでプレイし、そして、ポゼッション型のサッカーをするようになっているオーストラリアに対して堅守カウンター。多くの要素が正しかったと思う。後は、こういう戦い方への慣れ、成熟度、という部分だったと思う。PKを与えてしまった原口のプレイも、こういう試合に対する経験値であり、クラブでの試合とは違う雰囲気の中で、いかに正しくプレイできるのか。

ザッケローニの頃よりも、現在の日本代表が置かれている状況は難しい。所属クラブで出場機会を多く得られていない海外組が増えているし、国内組の能力は大きく向上していないし、代表に費やせる時間も減っている。そういう状況において、誰を招集し、誰を出場させるのか。どのようなシステムやタクティクスで戦うのか。その選択というのは、かなり難しくなっている。そういう意味では、この試合のハリルホジッチの選択というのは、かなり良かったのではないだろうか。勝てる可能性も感じられた。

ただ、交代策については、やはり、もう少し早くても良いのではないか、という事と、この試合に関しては、まずは小林との交代で浅野を入れ、浅野をそのまま右サイドで、という形にしてから、次に本田との交代で清武を入れ、清武を右サイド、浅野を1トップ、という方が良かったように思う。あるいは、個のドリブルで持って行く力、という事を考えれば、サイドでも1トップの位置でも、浅野ではなく斎藤、という選択肢も有りだったのではないだろうか。もちろん、あくまでも個人的には、であるが。

結果は引き分けであったし、ボール支配率もオーストラリアの方が高かったと思うが、この試合で主導権を握れていたのは、6対4ぐらいで日本だったと思う。後は個の部分で、本田と香川の攻撃面でのパフォーマンスがもう少し高ければ、原口のPKを与えた対応ミスが無ければ、槙野と酒井高徳の守備面でのパフォーマンスがもう少し高ければ、日本は勝利できていたと思う。4試合を終え、チームとして、という部分は、確実に良くなっている。従って、個の部分が改善されれば、状況は一変すると思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/10/12 11:45】 | ハリルジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<オーストラリア戦選手評価 【 本田圭佑。香川真司。原口元気。小林悠。長谷部誠。山口蛍。 】 | ホーム | 日本のサッカーは後退したのか? それは「YES」でもあり「NO」でもある。>>
コメント
いつも参考になる考察、ありがとうございます。
どこの国にもおろかなファン、というのはいるのでしょうが、日本代表に関するマスコミやネットの意見があまりにも的外れでゲンナリする毎日です。特に本田と香川を目の敵のように叩きまくるのはもう日常の風景になっていますね。本田に関しては点を取ってもアシストしても批判だらけ。香川は今回のOZ戦で2.5列目のタスクをこなしていたにも関わらず、点が取れないなら呼ぶな、とか。よく冗談で言われる「もし○○がSBにコンバートされても『点が取れない』とか批判するんだろうな」ってやつです。
このような雰囲気は今に始まったことではないですよね。思い起こせば2010年の時も、杉山氏だったか金子氏だったかが「美しいパスサッカーができないなら将来のために負けろ」とか言ってましたからね。
そんな中冷静な分析をなさる御サイトのような存在は真面目に代表を思う1ファンにとってオアシスのような存在です。今後ともがんばってください。
【2016/10/13 19:02】 URL | #-[ 編集] | page top↑
毎日楽しみに拝見しています
毎日楽しみに拝見しています!
他の方も書いておられますが、
少し的はずれなバッシングが多いように感じる中、
とても参考になりました。

中継ではフォメを4231としていましたが
香川が一列下がった433として見たほうが
正しいと思えますし、守備のタスクを考慮すれば
香川のシュート数が0なのは仕方の無いことと思います。
力関係や故障者などの諸条件を加味すれば
今回の目的は失点を最小限にして、できるだけ多くの
勝ち点をもぎ取ることであり、ベストではなくても
ベターな結果だったと感じます。

ただやはり気になるのは後半早々の失点シーン。
簡単にマークが外されてしまった時点で、勝負アリでした。
原口のファウルはあくまで結果で、責任を感じるべきはDF陣と思います。

ハリル監督は試合後「本田のコンディション不足」を挙げていました。
これは個人的な印象では、
「『DF陣に力が無い』から、勝つには得点が必要」
という、DF陣への強烈な皮肉だと思っています。
丸山投入も、DF陣への信頼感が低いことの現われですし。
でも、どこまでそれを感じている選手がいるか・・・
【2016/10/13 13:17】 URL | 通りすがり #-[ 編集] | page top↑
いつも大変興味深く拝見しています。
この試合に対しての評価もほぼ同意見で、このまま正しいアプローチでロシアに向かっていってほしいと願っていますが、今一番気になっているのは国内のマスコミとファンの成熟度です。
この試合のような内容と結果を受け、逆にさらに代表へのバッシングや的外れな批判が多く見受けられますが、管理者様は現状の代表を取り巻くマスコミやファンの反応に関してどう思われますか?
【2016/10/12 13:23】 URL | #-[ 編集] | page top↑
原口のPKのシーン。
あのシーンの前、長谷部、山口が頻繁に攻撃に出ていたのですが、
あの判断はどのように感じていますか?
それが引き金となり原口がPKを与えざるをえない状況になってしまったと思いました。
それよりも問題はやはりDFのこの対応力の低さでしょうか。
【2016/10/12 12:45】 URL | koan #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3647-275fe0a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |