スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
現行のシステムの限界。国内のマスコミとファンの成熟度。原口のPKのシーン。
【Q】 これから先は現行のシステムの限界をどこで見定めるかがカギになるのではないでしょうか?

【A】 トレンドを考えても、現在の日本の戦力を考えても、システム変更も含め、起用するポジションの変更、あるいは、状況によってシステムや起用する選手を使い分ける、という事は、やはり必要になってくると思います。おそらく、今までは、対アジアで強かったザックジャパンの戦い方というのを、ある程度は参考にしていたのではないかと思っているのですが、やはりその時とは状況が異なっていると思うし、また、その事にハリルホジッチも気が付いたと思うので、これからは変わる気がします。

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【Q】 今一番気になっているのは国内のマスコミとファンの成熟度です。この試合のような内容と結果を受け、逆にさらに代表へのバッシングや的外れな批判が多く見受けられますが、管理者様は現状の代表を取り巻くマスコミやファンの反応に関してどう思われますか?

【A】 それでも、少しは良くなっているような気がする、とは思っています。そもそもとして、このブログを始めた理由は、そういうものに対して大きな違和感を抱いたからなのですが、これからも、今までのように、少しでもそういうものが改善するように、地道に意見を書き続けるしかないのかな、と思っています。特に代表というのは、普段はあまりサッカーを見ないライト層もあれこれと意見を言いやすいですし、マスコミもここぞとばかりに閲覧数を増やせそうなタイトルや内容での記事を書きますから、それはそれで必要悪と言いますか、多様性を許容するにおいては仕方ないのかなと。


【Q】 原口のPKのシーン。あのシーンの前、長谷部、山口が頻繁に攻撃に出ていたのですが、あの判断はどのように感じていますか? それが引き金となり原口がPKを与えざるをえない状況になってしまったと思いました。それよりも問題はやはりDFの個の対応力の低さでしょうか。

【A】 あのシーンは様々な事が言えると思います。長谷部と山口のプレイもそうですし、高徳のプレイもそうですし、それから、香川はトップ下というより3ボランチの左のような感じでプレイしていたので、戻るべきは、対応するべきは、香川だったのではないか、とも言えると思います。そして、確かに原口はよく戻ったと言えますが、あの対応の仕方は99%ファールになるだろうという感じでしたし、違う対応の仕方もできただろうという感じだったので、結局は、悪いプレイがいくつも連続してしまった、という事だと思います。失点というのは、大概の場合、3つぐらいの原因があるので。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/10/15 11:45】 | ハリルジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<イエメン戦(Uー19) 【 ファースト・コンタクト。意外性。個の輝き。 】 | ホーム | オーストラリア戦選手評価 【 槙野智章。酒井高徳。森重真人。吉田麻也。西川周作。清武弘嗣。浅野拓磨。丸山祐市。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3650-cf3bff75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。