イエメン戦(Uー19) 【 ファースト・コンタクト。意外性。個の輝き。 】
試合 :AFC Uー19選手権 グループステージ 第1戦
開催日:2016年10月14日
結果 :日本代表勝利
スコア:「3-0」
得点者:小川航基 岩崎悠人 原輝綺

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW 小川航基 岸本武流
MF 三好康児 坂井大将 神谷優太 堂安律
DF 舩木翔 中山雄太 冨安健洋 岩田智輝
GK 小島亨介

FW 小川航基 岩崎悠人
MF 遠藤渓太 坂井大将 原輝綺 堂安律
DF 舩木翔 中山雄太 冨安健洋 岩田智輝
GK 小島亨介


守備についての課題は、ファースト・コンタクト、だと思う。そこの強さや巧みさ。相手のボールホルダーやパスを受けた選手への最初のアタック。それが弱くて圧力になっていなかったり、巧くコンタクトできなくてボールを奪えなかったり、というシーンが目に付いた。もちろん、意識としては、やろうとしていなかったわけではなく、やろうとしていたとは思うのだが、その個の力として、強さや巧みさが足りていないのかなと。特に、守備対応力としての個の巧みさ、という部分が気になった。

そして、攻撃についての課題も、やはり個の部分なのだが、意外性が足りなかったかなと。そこにパスが出るだろうというところへパスが出る、ドリブルするかなと思うとやはりドリブルする、そして、シュートも、もう1つ何かしてから・・・、という事が無かった感じがした。素直だったなと。もちろん、やり過ぎや狙い過ぎも良くはないのだが、やはり、相手の読みやタイミングを外す、という事をしないと、相手の守備は苦しくならないと思う。巧さは技術だけではなく駆け引きでもあるので。

とにかく、この年代の選手たちに一番に見せてもらいたいのは、個の輝き。もちろん、それは、組織的な動きの中で、規律という約束事をきちんとこなしながら、連携もきちんと取りながら、ではあるが、やはり個が弱ければそれも、やろうとしているけどできていない、という状態になってしまう。この年代の選手たちであっても、Jで主力だったとしても驚く事ではないし、フル代表に選ばれたとしても驚く事ではないから、それぐらいの個の輝きを見せてもらいたい。それが一番の未来だと思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/10/16 11:45】 | ユース代表 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<皆様への質問。日本代表について。 | ホーム | 現行のシステムの限界。国内のマスコミとファンの成熟度。原口のPKのシーン。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3651-16f28e7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |