タジキスタン戦(Uー19) 【 中山雄太はハリルジャパンに加えても良いと思う。 】
試合 :AFC Uー19選手権 準々決勝
開催日:2016年10月24日
結果 :日本代表勝利
スコア:「4-0」
得点者:小川航基 堂安律 小川航基 岩崎悠人

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW 小川航基 岩崎悠人
MF 三好康児 坂井大将 市丸瑞希 堂安律
DF 舩木翔 中山雄太 冨安健洋 藤谷壮
GK 小島亨介

FW 中村駿太 岩崎悠人
MF 長沼洋一 坂井大将 市丸瑞希 堂安律
DF 初瀬亮 中山雄太 冨安健洋 藤谷壮
GK 小島亨介


オーストラリアにスコア「0-0」の引き分け、それで勝点1を得てトーナメント・ステージに進んできたタジキスタンが相手だったので、ズルズルと日本が先制点を奪えずに進んだら危険な感じはしたが、そういう試合展開にならなかった事が良かったと思う。そして、2点目も前半18分に奪い、更には、2点目の堂安のゴールは相手の戦意を失わせるようなシュートだったので、それで勝負は決まったかなと思う。

ただ、その後は少し日本の選手たちに気持ちの緩みが見えた感じがして、スコア「2-1」になったら相手の戦意は復活してしまうし、試合内容、試合展開、実力差、という事を考えれば、3点目を奪うのが遅くなってしまったのは、そういう気持ちの緩みが原因だったのではないだろうか。これから先、U-20W杯で戦うにおいては、どのような事でもレベルを上げる必要があって、そこは反省点にしてもらいたい。

そして、おそらくは、今の個の力、フィジカル・コンタクトの強さや巧さであったり、ドリブルでの突破力であったり、それから、今のパスミスの多さでは、U-20W杯のグループ・ステージを突破できないと思う。そういう意味では、次の準決勝からは、結果も重要だが、それよりも、個の力を成長させる、という意識を強く持ってプレイしてもらいたい。戦術的な要素よりも、今は個の力を高める事が優先される。

無失点が続いているが、それはやはり、中山と冨安の2枚のCBの個の力が高い、という事が主な要因だと思うが、これから先は、それに加えて、もっと特にボランチとSBとGKの個の守備力が高くないと、U-20W杯では良い結果を残せないと思う。また、攻撃についても、もっと個のテクニックが高くないと、やろうとしても良いコンビネーションは生み出せない。戦術的な要素も然りで、まずはやはり個の力。

ちなみに、中山雄太に関しては、Jリーグでも主力として多くの試合に出場しているし、今の段階でも、ハリルジャパンに加えても良いような気がする。個人的には、槙野はCBもできるSBの枠で選び、CBの枠は、吉田、森重、植田、中山、という4人にしても良いのではないだろうか。そして、おそらくそうする事は、U-20W杯に向けてもプラスになると思う。若い選手には、とにかく、成長の糧を与えたい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/10/25 11:48】 | ユース代表 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<個の力という前提が存在していなければ全ては成り立たない。 | ホーム | 【 岡崎慎司 】 最もトレンドなトップ下だった岡崎。 【 レスター vs クリスタル・パレス 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3660-b06df0dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |