個の力という前提が存在していなければ全ては成り立たない。
相手に競り勝って、ボールキープ、ドリブル突破、クロス、シュート、それができなければ何も始まらない。その現実に対してどれだけストイックに向き合えるのか、という事が重要。大切なのは、長所を伸ばし、短所を補い、という事で個の力をレベルアップさせる事。経験を次へとつなげる事。どのような戦術やシステムをやるにしても、どのように1つの大会で勝てるようにと戦略を立てようとも、そこに個の力というベースが無ければ、そこに個の力という前提が存在していなければ、その全ては成り立たない。

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
決定力とか、クリアミスをしないとか、不必要なファールはしないとか、パス回しの速度とか、セカンドボールを奪う力とか、ドリブルでの突破力とか、クロスの精度とか、攻守の1対1での強さとか、それは全て個の力である、という事。個が弱いから組織で、という考え方は間違っていて、個が強くてもそれだけでは勝てないから組織(システムや戦術やスタイル)も、という考え方が正しい。弱い個を前提とする、特に育成年代で弱い個を前提とする、というのはあまりにもナンセンスで、まずは強い個を作り上げなければならない。

武器は、テクニックでも、スピードでも、アジリティでも、フィジカルでも、とにかく何でも構わないが、1対1で競り負けない、個の力で競り負けない、そういう選手たちを一人でも多く揃える必要がある。戦術やシステムはシンプルでも構わない。戦い方の柔軟性は欲しいが、複数のシステムを使いこなせなくても構わないし、必要以上に戦術をあれやこれやと駆使して戦わなくても構わない。若い世代では、相手もそこまで戦術やシステムを重要視したチーム作りはしてこないはず。

結局は、やはり、個々のクオリティのところで相手に勝てなければ、もしくは、個々のクオリティのところで相手に勝てなくても簡単には負けないぐらいではなければ、どうしても勝利できる確率というのは低くなってしまう。気持ちや精神性という要素を見極めるのは難しいと思うので、もっと単純に、1対1に強い、そういう個の力を持った選手を選考の第一基準にすれば良いのではないかと思う。もちろん、今はそうではなくても、将来にはそうなっているだろう、という事でも良い。

そして、システムや戦術というのは、そういう選手を最大限に集めてから考えて決めれば良いと思うし、むしろ、システムや戦術というのは個によって後から決めていくものだと思う。だからこそ、若い世代のチームというのは、戦術的な要素よりも、個の力を成長させる、個の力を高める、という事が優先される。個の力が高くないと、やろうとしても良いコンビネーションは生み出せないし、組織的な守備もきちんとした強さを持ち得ない。そうやってプライオリティを間違わない事が育成でも重要。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/10/26 11:46】 | 育成・技術・練習論 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<【 本田圭佑 】 きちんと公平に評するならば。 【 ジェノア vs ミラン 】 | ホーム | タジキスタン戦(Uー19) 【 中山雄太はハリルジャパンに加えても良いと思う。 】>>
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2016/10/28 12:50】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3661-693974ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |