【 香川真司 】 ゴール前に行くタイミングが早過ぎるかなと。 【 ドルトムント vs シャルケ 】
試合 :ブンデスリーガ 第9節
開催日:2016年10月29日
結果 :引き分け
スコア:「0-0」
得点者:

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 ドルトムント 】

FW デンベレ オーバメヤン プリシッチ
MF ゲッツェ 香川真司
MF ヴァイグル
DF パスラック ソクラティス ギンター ピシュチェク
GK ビュルキ

FW シュールレ オーバメヤン プリシッチ
MF ゲッツェ ローデ
MF ヴァイグル
DF ゲレイロ ソクラティス ギンター ピシュチェク
GK ビュルキ


デンベレとプリシッチが個で突破できないと、あるいは、その2人とパスラックとピシュチェクのSBのパフォーマンスがもう少し高くないと、という感じだった。従って、ゲレイロとシュールレを入れてからの攻撃は悪くなかったのだが、結局はスコア「0-0」の引き分けという結果に終わった。やはり、今のドルトムントというのは、怪我人が復調して戦力が整わないと、という感じで、香川についても、今はチャンスではあるが、その一方で、周囲のパフォーマンスに助けてもらえない厳しさがあるかなと。

もちろん、こういう状況の中でも目立ったパフォーマンスを見せなければ、主力が復調した時には出場機会を失ってしまうと思うが、今の香川は単独で局面を打開してしまうような選手ではないし、今はオーダーされている役割も周囲を活かす事なので、どうしても周囲が良くないと厳しくなってしまう。この試合は、特に前半はボールに触る回数も多くて、中盤での捌き役、あるいは、組み立て役としては悪くなかったと思うのだが、全体としてそこから先の質が低くかったので、香川の評価も上がらないかなと。

ただ、1つ言うと、監督からは、ゴール前にも行くように、と香川はオーダーされていたようなのだが、そのタイミングが早過ぎるかなと。代表戦で、本田が原口に、もう1つ遅いタイミングで走ってくれ、と要求していたが、それと同じような感じで、サイドへボールが展開された時に、かなり早いタイミングで香川はゴール前に入ってしまうので、それを1つ遅らせて、ゴール前に入るならトップスピードで入った方が良いと思うし、そもそもとして、PAの少し外ぐらいで待った方が良いのではないかと思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/11/01 11:54】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 岡崎慎司 】 昨季よも重要な存在になっているとも言える。 【 トッテナム vs レスター 】 | ホーム | サウジアラビア戦(Uー19) 【 高い意識を持って個の能力の成長に努めてもらいたい。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3665-478b4581
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |