ハイプレス&ショートカウンターの至上主義になる事は、ハイプレス&ポゼッションの至上主義になる事と変わらない。
そもそもとして、戦い方の基本というのはカウンター。なぜならば、攻撃の最大チャンスは相手が攻撃している時であり、また、カウンターは省エネでもあるから、カウンターで戦って勝てるならば、そうした方が長く良い状態で戦える。特に現時点の日本の立ち位置を考えると、W杯のような大会では、日本に対しては勝点3を得たいと考えて戦う相手が多いと思うから、日本はカウンターで戦った方が有利になる。

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
では、それはもう大前提として、どのような形のカウンターをやるのか、という事なのだが、そこは相手や状況による。当然、なるべくDFラインを高く、つまりは、ハイプレス&ショートカウンターで、という事は理想だが、相手がガンガンとロングボールを蹴ってきたり、相手のポゼッションが上手くてハイプレスがハマらない時には、DFラインを下げ、低い位置でブロック&ロングカウンターを狙うしかない。

ハイプレス&ショートカウンターの至上主義になる事は、ハイプレス&ポゼッションの至上主義になる事と変わらない。それから、個の力に頼らない、という事をまだ日本のサッカーの前提にしたい人もいるが、どのようなスタイルであれ戦い方であれ、個の力が低ければ成立しない。つまりは、ハイプレス&ショートカウンターの至上主義になる、個の力に頼らない、という事をやってしまうと、結局は同じになる。

何と同じになってしまうのかと言うと、以前までの、自分たちのサッカー、というやつ。以前にも書いたが、自分たちのサッカーの何がダメだったのかと言えば、ポゼッション・サッカーをやった事ではなく、それ一辺倒になってしまった事。その他の戦い方を捨ててしまった事。従って、ハイプレス&ポゼッションがハイプレス&ショートカウンターに変わっても、それ一辺倒なったら、結局は同じになってしまう。

今の日本にとって重要なのは、とにかく守備力を高める事であり、それはハイプレス型でも低い位置での守備ブロック型でも、どちらでも構わない。そして、今の日本にとって重要なのは、様々なタイプの選手を育てる事であり、ポゼッションもできる、カウンターもできる、また、カウンターでも、ショートカウンターもできる、ロングカウンターもできる、というチームにしておかないと世界の上位にはいけない。

複雑さや高度さは必要ない。特にそれは、代表というチームにおいては、大きな足枷になってしまう。シンプルで構わないから、相手や状況に合わせた戦い方ができる、という事が重要。また、そのためには個の力が必要で、特にそれは、代表というチームにおいては、より重要になると言える。そして、逆に言えば、クラブチームにはない代表チームの魅力というのはそこで、そこは理解しておく必要があると思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/11/03 11:45】 | システム・戦術論 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<その判断材料はセオリーとトレンド。そして、良い流れを作る、という事。 | ホーム | 【 岡崎慎司 】 昨季よも重要な存在になっているとも言える。 【 トッテナム vs レスター 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3667-e006d8c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |