ハリルジャパン。「4-4-2」のシステムにするならば。
岡崎慎司 大迫勇也 久保裕也
原口元気 齋藤学 本田圭佑 浅野拓磨
香川真司 清武弘嗣 小林祐希
長谷部誠 山口蛍 永木亮太 井手口陽介
長友佑都 槙野智章 酒井高徳 酒井宏樹
森重真人 丸山祐市 吉田麻也 植田直通
西川周作 東口順昭 川島永嗣

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
     岡崎慎司  浅野拓磨
原口元気            本田圭佑
     長谷部誠  山口蛍
槙野智章 森重真人  吉田麻也 長友佑都
        西川周作

前回は3バック・システムの話をしたので、今回は「4-4-2」ならばどう戦うのか、という事についてなのだが、当然、「4-4」によるコンパクトなブロックを作る、というのは大前提。但し、最終ラインの位置、あるいは、プレスを仕掛ける位置、つまりは、守備の設定位置をどこにするのか、というのは、高ければ何でも正解、という事ではなく、そこは相手や状況によって正解は変わる。重要なのは、常にコンパクトを保つ、という事であり、全員が守備の設定位置について共通認識を持っている事。

そして、守備については、重要な事が3つ。1つには、高い位置でのファースト・ディフェンス(ハイプレス)だけではなく、「4-4」の守備ブロックに、2トップの1枚なり2枚なりも、きちんと参加する事。例えば岡崎と浅野の2トップだったら、岡崎がボランチの近くまで下がって守備に参加したり、それでも足りなければ、岡崎だけではなく浅野もMFとの距離を縮めて守備ブロックを助ける事。そうすると、攻撃に切り替わった時に苦しくなるように思えるが、まずはボールを奪えないと意味が無い。

それから、2つには、守備の時のDF4枚はかなり中央に絞る、という事であり、3つには、そうするという事は、SHが守備の時にはSBのようにプレイする、という事。その時にDFラインが5枚なり6枚なりになっても構わない。そうやって、相手をサイドの深い位置で自由にさせない、相手にCBとSBの間のスペースを使わせない、という事が重要。ちなみに、そうするという事は、ボランチが最終ラインに吸収されない、という事も重要であり、そういう事が全てセットになっていないと機能しない。

攻撃については、2トップの1枚が下がって「4-2-1-3」のようになる形と、上記のメンバーであれば、本田が中央に入って右SBの長友が高い位置を取る「3-4-1-2」あるいは「3-2-3-2」のようになる形と、その2つが基本的な形。これは、ポゼッション型であってもカウンター型であっても同じ。こういう攻守の「4-4-2」ならば、岡崎、浅野、原口、本田、槙野、長友、という選手たちの長所を活かす事にもなるし、その他の選手たちも比較的容易に当てはめる事ができるかなと。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/11/09 11:47】 | ハリルジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<中盤の守備力の必要性が高くなっている3つの理由。 | ホーム | ハリルジャパン。3バックのシステムにするならば。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3672-0c2bdabb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |