オマーン戦 【 4つの形の改善点。岡崎と香川と本田がスタメンから外れる可能性。 】
試合 :キリンチャレンジカップ
開催日:2016年11月11日
結果 :日本代表勝利
スコア:「4-0」
得点者:大迫勇也×2 清武弘嗣(PK) 小林祐希

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          大迫勇也
MF  齋藤学     清武弘嗣    本田圭佑
MF       永木亮太  山口蛍
DF  酒井高徳 丸山祐市  吉田麻也 酒井宏樹
GK          西川周作

大迫の2得点は言うまでもなく良かった。ただ、攻撃に関しては、ダブルボランチが共に、攻撃を組み立てるようなタイプの選手たちではなかったので、もう少し清武もしくは本田が下がってプレイしても良かったかなと。ダブルボランチに対し、あまり下がらないようにとハリルホジッチはオーダーしていたようだが、むしろ逆に、ビルドアップの時には、永木が中央の最終ラインに降りて3バック、そして、それと同時に、清武がボランチの位置まで下がり、齋藤と本田が中央へ寄り、左右のSBが高い位置へ移動、という事をやった方が良かったと思う。つまり、守備の時は「4-4-2」だが、攻撃の時は「3-2-4-1」という形。もしくは、本田が中央寄りの低い位置でビルドアップに加わり、大迫または清武が右サイドへと流れ、その右サイドへ流れなかった1枚と齋藤がゴール前で、そして、左SBの酒井高徳がより攻撃的に、という形。

FW          岡崎慎司
MF  齋藤学     清武弘嗣    浅野拓磨
MF       永木亮太  山口蛍
DF  酒井高徳 丸山祐市  吉田麻也 酒井宏樹
GK          西川周作

次に、この形になった時には、やはり左右の齋藤と浅野を活かす事がポイントになるから、岡崎と清武が縦関係になるのではなく横関係になって、言ってみれば「4-2-4-0」という形を作り、つまり、岡崎と清武が左右に分かれてダブルトップ下+ゼロトップのような形を作り、サイドを縦に走る齋藤と浅野、あるいは、サイドからダイアゴナルにゴール前へと走る齋藤と浅野、そこにどんどんパスを配給する、という事をやった方が良かったと思う。ちなみに、岡崎が大迫だったとしても同じ。

FW       岡崎慎司  久保裕也
MF  原口元気            浅野拓磨
MF       山口蛍   小林祐希
DF  酒井高徳 丸山祐市  森重真人 酒井宏樹
GK          西川周作

更に、この形になった時は、攻撃面だけを考えれば、理想としては小林がトップ下のようになった「4-1-3-2」になるのが良いと思うのだが、なかなかそれは守備面を考えると難しいので、前述したような「4-2-4-0」という形を作るか、あるいは、岡崎と久保が横関係ではなく縦関係になり、どちらかがトップ下、中盤に降りて「4-2-3-1」という形を作るか、という事が必要だったと思う。

FW          浅野拓磨
MF  原口元気    岡崎慎司    久保裕也
MF       山口蛍   小林祐希
DF  酒井高徳 丸山祐市  森重真人 酒井宏樹
GK          西川周作

そして、最後はこの形だったが、これは完全にレスターのイメージで、浅野をヴァーディのイメージで使いながら、「浅野と岡崎と久保」、「原口と山口と小林」、という2つのユニットで考え、言ってみれば変則的な「4-3-2-1」あるいは「4-3-1-2」、つまりは、守備の時は「4-4-1-1」だが、攻撃の時は「4-3-2-1」あるいは「4-3-1-2」という形。但し、右サイドの久保はマレズのような選手ではないので、得点シーンがそうだったように、この布陣であれば、どちらかと言えば原口の突破力を活かした左サイドからの崩しを主にして、中央の浅野と岡崎はもちろんだが、右サイドの久保や小林で決める、という形にした方が良いと思う。

という事で、香川と長友は怪我や体調不良があって起用できなかったが、クラブで出場機会を失っている本田と清武にプレイ時間を与えつつ、今まで代表では出場機会の少なかった選手たちにもプレイ時間を与えられし、それにプラスして、清武のパフォーマンスは良かったし、大迫と小林は結果も出したので、今回はとても収穫の大きいテストマッチになったのではないだろうか。ただ、形としては4つぐらい試したが、前述したように、どれにも改善点はあったし、本番のサウジアラビア戦、どの選手を使ってどの形で戦うのか、という事については、少し難しさが残ったのかなと。もしかしたら、サウジアラビア戦のスタメンは、岡崎、香川、本田、その3人が外れる可能性もあるような気がする。そこが、大迫、清武、小林、になる可能性もあるかもしれない。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/11/12 11:45】 | ハリルジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<オマーン戦選手評価 【 大迫勇也。清武弘嗣。齋藤学。本田圭佑。永木亮太。山口蛍。 】 | ホーム | ハリルジャパン。機能性を上げる重要な3つのポイント。>>
コメント
2年後も本田が主力の代表なんて絶対弱いと思います。ベンチに置いておいてここぞという時に使うのがベストだと思いますが本人がそれを望まないのならキッパリ外すべきです。今までの貢献度で情に流されてはいけません。そろそろ本気で脱本田を考えねば。監督に文句を言うベテランは害悪以外のなにものでもありません。
【2016/11/13 17:56】 URL | #-[ 編集] | page top↑
本試合の印象として、カウンターの対応に少し問題があったと感じたのですが、なにが大きな原因だったのか管理人さんのご意見を伺いたいです。
【2016/11/13 08:28】 URL | koan #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3675-5aef9323
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |