山口蛍。攻撃面だけではなく守備面についても改善点が多くある。
アグレッシブなディフェンス。それが良さであり、今回の最終予選でも、その良さが発揮されている。しかし、ボールを奪えそうなのに奪えなかったり、相手を止められそうなのに止められなかったり、それから、追い過ぎて中盤にスペースを作ってしまったり、受動的な守備のシーンでは判断に迷いが感じられたり、攻撃面だけではなく守備面についても、まだ山口には課題が多く、改善点が多くあるように感じられる。

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
ボールを奪えそうなのに奪えなかったり、相手を止められそうなのに止められなかったり、という事について言えば、山口には2つの悪さが有り、1つには、足だけ、または、足先だけでボールを奪おうとする、という事。そういう対応の仕方をすると、ボールに触る事はできても、パワーで負けて奪いきれないし止めきれないし、更にその時に体が仰け反るような感じになってしまうと、次のアクションが遅れてしまう。

そして、2つには、スライディングの技術力があまり高くない、という事。タイミング的にズレている場合もあるし、タイミング的には良くても入りが浅い場合もある。スライディングする、という事は、セカンド・アクションはできない、という事でもあるから、そこできちんとボールを奪えないと、または、相手を止めきれないと、ピンチが大きくなってしまう。従って、その2つの部分を改善する必要があると思う。

次に、追い過ぎて中盤にスペースを作ってしまったり、受動的な守備のシーンでは判断に迷いが感じられたり、という事について言えば、ハノーファーで成功できなかった一番の原因は、おそらく、そこだったと思う。求められていたのは、アグレッシブなディフェンスはしながらも、しかし、任されているゾーンできちんと守備をする、または、構えた状態、ブロックを作った状態で守備力を発揮する、という事だった。

しかし、山口はポジションを崩しがちで、尚且つ、構えた状態の時の守備力が高くないので、ボランチでの守備力を期待して獲得した選手だったと思うから、それだとやはり使われなくなってしまう。基本的には、攻撃の時にはポジションを崩す事があっても良いが、守備の時にはポジションを崩さない、つまり、バランスを崩さない、守備組織に穴を作らない、という事が重要で、その状態での守備力が低いと使えない。

長谷部の場合には、そのあたりの守備力というのが年々向上しており、近年になってもまだ向上しており、だからアンカーや3バックの中央のCBでもプレイできるようになっている。しかし、山口と、それから、細貝については、なかなかそのあたりの守備力というのが向上しておらず、それが伸び悩んでいる主な原因になっている。攻撃についても課題はあるが、それよりも、まずは守備力をもっと高めてもらいたい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/11/25 11:50】 | 選手評価 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<2016年のハリルジャパンを皆様の御意見で検証。そして2017年にはどうするべきか。 | ホーム | 皆様への質問。ハリルジャパンについて。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3688-c5e70c1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |