【 岡崎慎司 】 ヴァーディやマフレズよりも良いパフォーマンスだった。 【 レスター vs ミドルスブラ 】
試合 :プレミアリーグ 第13節
開催日:2016年11月26日
結果 :引き分け
スコア:「2-2」
得点者:ネグレド マフレズ(PK) ネグレド スリマニ(PK)

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 レスター 】

FW ヴァーディ
MF 岡崎慎司
MF オルブライトン アマーティ キング マフレズ
DF フクス フート モーガン シンプソン
GK ツィーラー

FW スリマニ
MF グレイ
MF オルブライトン アマーティ キング ムサ
DF フクス フート モーガン シンプソン
GK ツィーラー


2失点した守備面に関して言えば、ドリンクウォーターが不在だった、今季はハイプレスの時の前と後ろの連動性が悪くなっている、GKツィーラーにビッグセーブが欲しかった、ふとエアポケットになる瞬間がある、などなど、小さな悪さが複数重なって、という感じだったと思う。それから、今季は昨季よりも少しSB(特に左SBのフクス)が攻撃的なのかな、という部分と、相手のロングボールに対して今季は昨季よりもCBのフートのモーガンの対応が弱くなっているのかな、という部分も気になった。

2得点した攻撃に関しては、結果的には2つ共にPKではあったが、どちらも微妙な判定ではないPKだったと思うし、合格点の内容ではあったと思う。しかし、やはり、今季はヴァーディとマフレズのパフォーマンスが昨季と比べて悪く、特にヴァーディは明らかに悪く、途中交代も、いつものように岡崎が最初ではなく、まずはヴァーディ→スリマニ、次にマフレズ→ムサ、それから、最後に岡崎→グレイ、という順番だったのだが、それがこの試合の、その3人のパフォーマンスの良さの順番を示していた。

という事で、岡崎のパフォーマンスについては、とても良かったと思う。動きにキレがあって、強さと巧さが1つ1つのプレイに感じられていた。躍動感があった。得点やアシストにはならなかったが、クロスバーを叩いたオーバヘッドシュート、それから、自分でシュートしても良かったと思うが、完全に抜け出してヴァーディにパスをしたシーンなども有り、全体的に良いプレイが多かった。残念ながら、60分過ぎになると、ガクッとパフォーマンスが落ちてしまう傾向はあるが、そこは仕方ないのかなと。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/11/28 11:50】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 乾貴士 】 後半46分まで出場し、1アシスト、2得点に絡む活躍。 【 エイバル vs ベティス 】 | ホーム | 2016年のハリルジャパンを皆様の御意見で検証。そして2017年にはどうするべきか。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3690-92b529e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |