本田圭佑。ポジションごとの役割やプレイの仕方を考察。
FW(CF)

本田をFW(CF)で起用した時に最も期待したいのはボールを収める力と高さ(空中戦の力)。そして、次に得点力。守備的な戦い方をした場合、独力で一気にゴールまで、というのはあまり期待できないが、時間を作れる、という部分では良。それから、縦に速く、という部分でも、中盤の本田にボールを集めた場合には、そこで縦への速さが失われてしまう場合もあるが、しかし、中盤を飛ばした縦パスがFW(CF)の本田に収まれば、むしろ、そこで縦への速さが生まれる。更には、空中戦の強さは、クロスからヘディングで、という事だけではなく、ロングフィードからであったり、あるいは、パワープレイであったり、という場面でも有効になる。また、中盤やサイドで使われるよりも、最前線のFWであれば、スタミナを保ちながらプレイできる利点もある。

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
右SH(右ウイング)

全くできないわけではないが、縦へ突破して右足でクロス、というのはあまり期待できないし、角度が真横やマイナスの中央への切り込みからのシュート、そして、右足でのシュート(得点)、というのも、あまり期待できないが、本田を右SH(右ウイング)で起用した場合の最大の利点は、逆サイドのSH(ウイング)やSB、それから、右SB、という、サイドの選手を攻撃面で活かせる事と、ゴール方向へと曲がるクロスを入れられる事。もちろん、ファーサイドでヘディング、という良さもある。従って、右SH(右ウイング)の時の本田というのは、どちらかと言えばボランチ的にプレイした方が良く、少し中央寄りの低い位置から、縦やや左方向へと動き、そこから左右のサイドへとパスを配給したり、FWへのパスや中長距離のシュートを放つプレイが良い。


左SH(左ウイング)

スピードで縦に突破して、または、独力で縦に突破して、そこからクロス、というのはあまり期待できないが、コンビネーションを使えば、縦に突破してクロスというプレイにも期待できる。ただ、個人的には、本田を左SH(左ウイング)で起用した時に最も期待できるのは得点であると思っていて、左利きである本田は、DFラインの裏へ抜け出し時も左エリアである方がシュートしやすいし、右からのクロスに対しても、左足でもヘディングでも合わせやすい。むしろ、左SH(左ウイング)で起用された場合には、左利きの選手はキープや中央へ入ってからのパス配給というのは難しくなるので、そういう意味では、右SH(右ウイング)で起用された場合とは逆に、左SH(左ウイング)で起用された場合の本田は、どちらかと言えばFW的にプレイした方が良い。


トップ下

やはり、左寄りでもプレイできるし、右寄りでもプレイできるし、ボランチのようにもプレイできるし、FWのようにもプレイできるし、本田の能力を最大限に活かせるのは、多くの自由を与えたトップ下であると思うが、まず1つには、FWのパフォーマンスが低いと活かされないのと、それから2つには、トップ下の位置の本田にボールを集めた場合には、トップ下の位置の本田を常に経由した攻撃をした場合には、そこで縦への速さが失われてしまう可能性がある、という事が難点。但し、そこは、本田なり周囲の選手なりが、きちんと状況を考えて、プレイの仕方やプレイする位置、あるいは、攻め方を正しく変化させる事ができれば解決できると思う。そういう意味では、トップ下の本田は王様ではなく、周囲を活かすユーティリティの意識でプレイした方が良い。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/12/06 11:51】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<日本のサッカーを進化させる道。フィジカル・コンタクトの技術を高める。 | ホーム | 【 乾貴士 】 1アシスト。今は決定力さえ高ければ文句無しなのだが。 【 ビルバオ vs エイバル 】>>
コメント
ミランでも代表でもそこまでして無理に本田を使う必要性はないと思いますので今後どうなりますかね。
冬に試合に出れるクラブへ移籍できるといいですね。
【2016/12/09 17:22】 URL | #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3697-e3db592c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |