壁というのは、想像しなかったタイミングで、壊せる時には簡単に壊せるものだなと。 【 鹿島アントラーズ vs A・ナシオナル 】
試合 :CWC 準決勝
開催日:2016年12月14日
結果 :鹿島アントラーズ勝利
スコア:「3-0」
得点者:土居聖真(PK) 遠藤康 鈴木優磨

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 鹿島アントラーズ 】

FW 土居聖真 赤崎秀平
MF 中村充孝 小笠原満男 柴崎岳 遠藤康
DF 山本脩斗 昌子源 植田直通 西大伍
GK 曽ヶ端準

FW 鈴木優磨 金崎夢生
MF 中村充孝 永木亮太 柴崎岳 遠藤康
DF 山本脩斗 昌子源 植田直通 西大伍
GK 曽ヶ端準


EURO2016は、ポルトガル代表がヌルヌルっと勝ち進んで優勝したが、CWC2016の鹿島アントラーズの決勝進出も、なんとなくそんな印象がある。年間3位からチャンピオンシップで優勝してJリーグ王者となり、開催国枠でCWCに出場。オークランド・シティ戦、マメロディ・サンダウンズ戦、そして、アトレティコ・ナシオナル戦、どの試合も前半は苦戦したが、後半はパフォーマンスを上げて勝利。壁というのは、想像しなかったタイミングで、壊せる時には簡単に壊せるものだなと。

セカンド・ステージで落ちた事で、ピークがチャンピオンシップやCWCの時期に来たのかなと。それから、この試合、アトレティコ・ナシオナル戦については特に、かなり前半には失点してもおかしくないようなシーンが数多くあり、そこで2点ぐらい決められていたら結果は逆になったような気がするが、アトレティコ・ナシオナルはピークを決勝に合わせていたと思うから、それか、それとも、幸運か。但し、前半はGK曽ヶ端のビッグセーブも大きく、そのあたりもEURO2016と同を感じた。

そして、守備に関しては、後半になってからの鹿島アントラーズの守備は見事で、早いタイミングで小笠原に代えて永木を入いれたが、それでも、ややバイタルエリアにスペースを作ってしまう傾向はあったが、しかし、特にCB昌子のパフォーマンスは最高に高く、時間の経過と共に焦りを増したアトレティコ・ナシオナルの攻撃を見事に封じた。ハリルジャパンでは、吉田のパートナーとなるCB探しが1つの問題になっていると思うが、やはり鹿島アントラーズの昌子と植田が筆頭候補になりそうだ。

攻撃については、ビデオ判定でのPKという、幸運というのか、しかし、妥当なPK判定だったと思うので、そこについての云々は無いのだが、やはり先制点を奪えた事は大きかったと思う。少ないながらも、それなりにチャンスは作れていて、特に柴崎の個による中央突破などは素晴らしかったが、但し、やはり全体的には個の部分での実力差はあって苦しかったから、セットプレイからPKという形で先制点を奪えなかったら厳しかったかなと。追加点は守備と先制点を奪えた試合展開が生んだと思う。

しかしながら、チャンピオンシップからCWCに入っても、金崎夢生のパフォーマンスというのは素晴らしく、更には、鈴木優磨もそうで、攻撃のジョーカーが2枚ある、という事は強味になっているし、それで勝ちパターンが作れている、作れた、という事も大きいと感じる。鹿島アントラーズが強い時というのは、いくつかの要素はあるが、フィジカル的に戦えている時、交代で入って得点を決める選手が存在している時、という2つもそうで、決勝戦、この勢いをもって勝利を手に入れてもらいたい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2016/12/15 11:41】 | Jリーグ2016 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<日本のサッカーを進化させる道。リアクションの速さを上げる。 | ホーム | 【 本田圭佑 】 ポジションはどこであれ良いパフォーマンスを見せるしかない。 【 ローマ vs ミラン 】>>
コメント
昨日の昌子はすごかったですね
対人、インターセプト、フィード、ポジション取りにカバーリングとほとんどの要素が高水準でこの出来が決勝でも続くなら世界のどこに出しても通用するCBだと思います
【2016/12/15 12:16】 URL | ホワイト #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3705-799a73f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |