【 乾貴士 】 とにかく決定機でシュートを決めてもらいたい。 【 スポルティング・ヒホン vs エイバル 】
試合 :リーガ・エスパニョーラ 第18節
開催日:2017年1月15日
結果 :エイバル勝利
スコア:「2-3」
得点者:アドリアン・G(PK) カロモナ P・レオン ルナ カセス

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 エイバル 】

FW エンリヒ
MF 乾貴士 アドリアン・G P・レオン
MF ガルシア エスカランテ
DF ルナ ルジュン ドス・サントス カパ
GK リエスゴ

FW エンリヒ
MF ペーニャ リコ エスカランテ P・レオン
MF ガルシア
DF ルナ ルジュン ドス・サントス カパ
GK ジョエル


シミュレーションぽかったが、前半4分、PKを得てエイバルが先制点。更には、前半9分に一度は同点とされるが、ミドルシュート→GKが弾く→こぼれ球を決める、という同じパターンで前半21分と前半23分にも得点を奪い、スコア「1-3」、アウェイのエイバルが前半で2点のリードを奪った。降格圏にいるスポルティング・ヒホンの上手くいってなさ、中位から上位を伺っているエイバル、その差が内容にも結果にも、攻守のパフォーマンスの差にも、ハッキリと出ていた前半だった。

という事で、2点のリードを奪った後のエイバルは、少し選手が余裕を持ち過ぎて、後半13分には1点を返されスコア「2-3」となり、1点差に詰め寄ったスポルティング・ヒホンの追い上げムードになったが、それでも一気呵成にとはいかず、システムを「4-2-3-1」から「4-1-4-1」に変えるなどしたエイバルが、そのまま1点のリードを守って勝利を収めた。エイバルは、アウェイではなかなか勝てないだけに、貴重な勝利だったと思うが、後半は内容的に少し落ちたかなと。

そして、スタメン出場し、後半29分までプレイした乾については、頭部を負傷し、水泳帽を被ったスイマーのようになりながらも頑張っていたが、相変わらず決定機でシュートを外したり、個で仕掛ける意欲は良かったが、それが成功しなかったり、後半の途中からは消えてしまったりと、悪くもなかったが良くもなかった、という感じだった。守備でもかなり頑張っているので、後半にスタミナ切れは仕方ない部分もあるが、やはりシュートを決めて欲しいなと。点が取れれば今は問題無いので。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2017/01/16 11:50】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<A・マドリードの次はセビージャが二強を喰う? 【 セビージャ vs R・マドリード 】 | ホーム | 【 岡崎慎司 】 一歩進んだと思ったら一歩戻る状態。 【 レスター vs チェルシー 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3720-29f64abe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |