【 武藤嘉紀 】 パートナー探し。 【 ホッフェンハイム vs マインツ 】
試合 :ブンデスリーガ 第19節
開催日:2017年2月4日
結果 :ホッフェンハイム勝利
スコア:「4-0」
得点者:ウート テラツィーノ シャライ×2

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 マインツ 】

FW 武藤嘉紀 コルドバ
MF サンペリオ ラッツァ ラマーリョ デ・ブラシス
DF ブロシンスキ ブンガート ベル ドナーティ
GK レッスル

FW デ・ブラシス ボージャン
MF サンペリオ ラッツァ フライ ウツトゥナリ
DF ブロシンスキ ブンガート ベル ドナーティ
GK レッスル


前半5分に失点。しかし、その後は膠着状態に。という事で、後半13分にはコルドバとの交代でウツトゥナリ、後半26分にはラマーリョとの交代でフライ、そして、後半30分には武藤との交代でボージャン、と投入したマインツだったが、後半36分には2失点目。更には、後半41分には3失点目、後半46には4失点目、という事で、マインツはスコア「0-4」で惨敗した。これで武藤復帰後の3試合は0勝2分1敗。

武藤と似たタイプのデ・ブラシス、ボランチ系のフライ、そして、フィジカル系ではあるが、ポストプレイヤーというよりも、ゴリゴリ前に行く系のコルドバ。これで3人が武藤のパートナーとして試されたが、残念ながらどの選手もしっくりきていない。ちなみに、その中では、この試合でも17分間だけ組んだが、デ・ブラシスとのコンビに最も可能性が感じられた。2トップの機動力を活かした連携を作れれば、という感じ。

但し、マリとの入れ替わりでボージャンが加入してきたので、やはりそこには期待したい。マリに最も近いタイプの選手はボージャンだと思うので。この試合では武藤との交代でボージャンだったが、次節は武藤とボージャンのコンビを試してもらいたい。そして、それがダメだったら、武藤とデ・ブラシスのコンビにして、ワイド2トップ、SHも含めた4人が流動的に動く攻撃を構築する、という方法が一番良いのかなと思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2017/02/08 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 長谷部誠 】 ニコ・コバチ監督の戦術にハマっている。 【 フランクフルト vs ダルムシュタット 】 | ホーム | 【 大迫勇也 】 そこの壁を早く打ち破ってもらいたい。 【 ケルン vs ヴォルフスブルク 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3736-a18f8021
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |