【 乾貴士 】 チームは好調だが・・・。 【 エイバル vs グラナダ 】
試合 :リーガ・エスパニョーラ 第22節
開催日:2017年2月13日
結果 :エイバル勝利
スコア:「4-0」
得点者:アドリアン・G(PK) エンリヒ ラミス P・レオン

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 エイバル 】

FW エンリヒ
MF 乾貴士 アドリアン・G P・レオン
MF ガルシア エスカランテ
DF アリビラ ルジュン ラミス カパ
GK ジョエル

FW ペーニャ
MF 乾貴士 アドリアン・G P・レオン
MF ガルシア リベラ
DF アリビラ ルジュン ドス・サントス カパ
GK ジョエル


前半11分、審判からのプレゼント系だったが、PKを獲得してエイバルが先制点。更には、前半39分にも2点目をエンリヒが奪い、前半でスコア「2-0」とリード。そして、後半になってもエイバルが得点を重ね、後半7分にはCKからラミスが決めて3点目、それから、後半17分にはP・レオンが決めて4点目、という事で、前節に引き続き4得点のエイバルがスコア「4-0」で快勝した。ちなみに、乾はフル出場だった。

その乾については、前半はグラナダが5バックだった事もあり、ボールロストも多く、前節は予想通り乾ではなくペーニャが出場したが、その前節も結果は良かったので、もう少し乾は休ませた方が・・・、という印象だったのだが、後半はグラナダが4バックになったので、後半10分過ぎぐらいには、中央に切り込んでのシュートや精度の高いサイドチェンジなど、2つぐらい良いプレイを見せて、前半よりは少し良くなっていた。

ただ、その後は特にこれというプレイも無く、久々にフル出場ではあったが、やはり疲労感が少しあるかなと。良い時と比べると運動量やキレが落ちているような気がする。乾は、決定力以外にも、相手に警戒されるようになると厳しくなってしまうのはフランクフルト時代もそうだったし、また、エイバルに来てからは更に運動量や守備で頑張るようになっているので、シーズンを通しての体力という部分が課題になっているかなと。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2017/02/15 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 香川真司 】 使わざるを得ない状況にするしかない。 【 ダルムシュタット vs ドルトムント 】 | ホーム | 【 大迫勇也 】 ボランチとして攻撃のタクトを揮った。 【 フライブルク vs ケルン 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3742-7f3353c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |