スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
【 香川真司 】 使わざるを得ない状況にするしかない。 【 ダルムシュタット vs ドルトムント 】
試合 :ブンデスリーガ 第20節
開催日:2017年2月11日
結果 :ダルムシュタット勝利
スコア:「2-1」
得点者:ボイド ゲレイロ チョラク

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 ドルトムント 】

FW ロイス オーバメヤン
MF モル
MF ドゥルム ゲレイロ ヴァイグル プリシッチ
DF ブルニッチ ソクラティス ギンター
GK ビュルキ

FW シュールレ オーバメヤン プリシッチ
MF 香川真司 デンベレ
MF ヴァイグル
DF ブルニッチ ギンター ソクラティス ドゥルム
GK ビュルキ


前半21分、ゲレイロがボールを奪われたところから失点。前半44分、モルとのワンツーのような形で抜け出したゲレイロが得点し同点に。しかし、後半22分、デンベレが奪われたところから失点。香川は後半17分から途中出場したが、試合はスコア「2-1」で敗れた。2失点した守備についてから言うと、どちらもゲレイロやデンベレが中盤でドリブルしてボールを奪われて、という事が大きな原因だったのは言うまでもない。

しかし、その他にも危ないシーンは数回有り、例えて言うならば、イメージ的には、DFラインの前に1枚だけライン(プレス)の壁が有り、そこをかわされるとザル状態になる、というのが今のドルトムントの守備だと言える。従って、そこを重層のライン(プレス)の壁にするために、1列目と2列目がもう少し連携良く組織立って守備(プレス)をする事と、左右一方のSBあるいはウイングが変則的なのをやめた方が良いと思う。

香川については、アタッカー陣の多くがスピードやドリブルなどでの個による突破型の選手なので、今のドルトムントにおいては貴重な組み立て役を担える選手なのだが、香川の調子がもう1つ上がっていないのと、密にした連携を作れていない中に入ると単発的に良いプレイを見せるに留まる、という事によって、やや難しい状況になっている。やはり、もう少しパフォーマンスを上げて、使わざるを得ない状況にするしかないかなと。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2017/02/16 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 岡崎慎司 】 大鉈を振るう事で断ち切れるかどうか。 【 スウォンジー vs レスター 】 | ホーム | 【 乾貴士 】 チームは好調だが・・・。 【 エイバル vs グラナダ 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3743-6acb6574
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。